フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2011年3月 6日 (日)

キベリタテハ  図鑑ばかり見ていた日々

名前 キベリタテハ
分類 タテハチョウ科
出現期 8月~9月に出現、成虫で越冬する
生息地 中部地方の高山から福島県より北の地方に生息
私が出会った場所 日光・奥鬼怒(8月下旬)、長野県・平標山(8月中旬)、福島県・会津駒ヶ岳、燧ヶ岳(8月下旬)

Re_mg_3121

 キベリタテハを見かけたことは何度かある。しかし、今までなかなか写真に撮れないでいた蝶であった(正確に表現すると撮れてはいたが紹介するまではいかなかった)。そのキベリタテハを会津駒ヶ岳でようやく写真に撮ることができた。キベリタテハは図鑑ばかり見ていた子どもの頃の私のあこがれの蝶の一つだった。

 子どもの時の私は病弱で、幼稚園も小学校も休んでばかりいた。そんな私があきずにいつも眺めていたのが「昆虫図鑑」だった。特に蝶が好きだった。そして「いつか見てみたい」と強い思いを抱いていた蝶が、このキベリタテハであった。当時の私には、山に行く体力はなかった。

 子どもに「図鑑ばかり見ていてはだめだ」という人がいる。「図鑑だけではなくほんものの自然を見よう」という意味での、その気持ちはわからないでもない。しかし、図鑑を見ることが、まるで悪いことをすることとして否定的な響きを持つ時、私は違和感を感じる。

 子どもの中には、以前の私のように外で蝶を見たくても見られないでいる子どももいる。それに、図鑑を見て蝶にあこがれた子どもが、大人になってその思いを思い出し、そこからほんものの自然に向き合うことだってある。

 図鑑を見ることをやめさせれば、本当の自然に向かうかといえば、そうとは限らない。テレビゲームの世界に向かってしまうこともあるだろう。現在の私の自然への熱い思いは、図鑑ばかりみていた、子ども時代に始まった。

 シュナックの「蝶の生活」のエピソードの中に、中国のある皇帝は、酒宴に招待された美女たちの中から、最も美しい人をキベリタテハに選ばせて恋人にしたというエピソードが紹介されている。前述したように、なかなか近づくのを許してくれなかったキベリタテハがいくら美女であってもそのそばに近寄るとは思えないが、おもしろいエピソードではある。

撮影 平成22年8月 会津駒ヶ岳

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

2008年9月 9日 (火)

オニヤンマ  「オニヤンマ記念日」

名前 オニヤンマ(鬼ヤンマ)
分類 オニヤンマ科
出現期 6月~10月
生息地 日本全土の平地から山地
私が出会った場所 埼玉県・久喜市(9月)、北本町(8月)、福島県・磐梯山(7月下旬)、栃木県・花之江の里(9月初旬)

20080721_img_6701ed

蜻蛉行くうしろ姿の大きさよ   中村草田男

 オニヤンマは大きなトンボである。日本最大のトンボである。オニヤンマは鬼ヤンマ、なにやら恐ろしげな名前であるが、その名前は鬼のような顔つきと共に黒と黄の縞模様が鬼がはくとら柄のふんどしを連想させるという理由からついた、ということを知ると思わず吹き出しそうになる。

 そんなオニヤンマが教室に飛び込んできた。給食時のことである。さすがにこの大きなトンボにクラスの生徒たちもびっくり。このオニヤンマ、はじめは教室中を所狭しと飛び回っていたが、しばらく飛び回った後、天井からの吊りものにとまり、そのまま1時間以上もそこに静止していた。しめたとばかり、デジカメで撮影。はじめは驚いていたクラスの生徒たちも、初めて見る巨大なトンボに興味をもち、みんなが近づいては様々な方向から眺めだす。昼休みになると他クラスの生徒、他学年の生徒、先生と次から次へとオニヤンマを眺めにやってくる。私はこの世界をとてもすてきだと感じた。

 5時間目の学活になってもオニヤンマはそのまま。私は黒板にオニヤンマと書いて、オニヤンマと私の出会いの話を始めた。自然が今より多いと思われている40年前の私の少年時代でも、オニヤンマはそれほど多く見られるトンボではなかったということ。オニヤンマには何回か出会ったことがあるが、こんなふうに静止しているオニヤンマに出会ったのは、長い人生で二度目であること。最初の出会いは磐梯山の頂上であったことなどなど(一枚目の写真はそのとき撮ったもの)。

 ちょうど話が終わった後、オニヤンマは飛びたち窓から外に出て行った。その日の学級日誌にはオニヤンマの出現が生き生きと書かれていた。ということで今日は「オニヤンマ記念日」

Dscf0489ed

 最後にオニヤンマを描いた八木重吉の詩を紹介しよう。

 大山とんぼ 八木重吉

大山とんぼを知っているか
くろくて巨きくてすごいようだ
きょう
昼ひなか
くやしいことをきいたので
赤んぼを抱いてでたらば
大山とんぼが路にうかんでた
みしみしあっちへゆくので
わたしもぐんぐんくっついていった

※詩集の解説に大山とんぼはオニヤンマのことと書かれている。この詩の表現からはオニヤンマでよいのではないかと思う。ただ、オオヤマトンボというオニヤンマとは違ったトンボが存在するという事実もある。

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

2008年9月 7日 (日)

ミヤマシロチョウ  半透明の白い衣服

名前 ミヤマシロチョウ(深山白蝶)
分類 シロチョウ科
出現期 7月上旬~8月上旬 年1回発生
生息地 本州中部亜高山帯
私が出会った場所 長野県・烏帽子岳(8月上旬)

Img_7853ed

 2008年8月上旬、湯ノ丸山と烏帽子岳に登った。湯ノ丸山の登山道に大きな看板が立っていた。そしてそこに群馬県嬬恋村の山地には群馬県指定のミヤマシロチョウ、ベニヒカゲ、ミヤマモンキチョウが自然の中で生息していること、捕獲等すると罰せられることが書かれていた。

 この3種類の蝶の中で、まだ出会っていない蝶、それがミヤマシロチョウだった。ベニヒカゲとミヤマモンキチョウとはすんなり出会うことができたが、ミヤマシロチョウとだけどうしても出会うことができなかった。しかたがないとあきらめたとき、白い妖精が目の前に現れた。初めての出会いだったので、それが本当にミヤマシロチョウかどうか自信がなかった。夢中で写真に撮り、家でその写真を確認し、ミヤマシロチョウだったのだと確信が持てた。

 北杜夫は『どくとるマンボウ昆虫記』で高山蝶は「小柄でも高貴な相がある」と形容している。そして「彼女らがもともと北国の冷たく清らかな大気から生まれたことがその一因であろう」と、彼女らの美しさの理由を説明している。そして、彼はミヤマシロチョウに次のような賛辞を送っている。

ミヤマシロチョウは、半透明の白い衣服しか身にまとっていない。それでも大衆の蝶モンシロチョウにくらべればあきらかにその棲息地が推測できる。

 ミヤマシロチョウという清楚な妖精がいつまでも生き続けてほしいと願う。

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

2008年9月 1日 (月)

コムラサキ 少年の日の思い出

名前 コムラサキ(小紫)
分類 タテハチョウ科タテハチョウ亜科
生息地と時期 河川敷などヤナギ類の映えている場所
私が出会った場所 裏磐梯(7月下旬)、埼玉県さいたま市岩槻地区(荒川河川敷)、尾瀬ヶ原

20080721_img_6825

 中学校の国語で出会った作品の中で特に心に残っている「少年の日の思い出」。私が出会ったときから30年以上たった今も、この作品は教科書の中に生き残っている。

 「少年の日の思い出」の主人公である僕は、非の打ち所のない少年エーミールが捕まえたというクジャクヤママユを逆らいがたい欲望に負け盗み、そして、その蝶をつぶしてしまう。ラストで少年はエーミールに盗んだことを告白するが、エーミールは「そうか、そうか、つまりきみはそんなやつなんだな」といい、どんることもなくただ軽蔑のまなざしで見る。僕は家に帰ったあと、大切にしていた標本の蝶をひとつひとつとりだし指で粉々につぶしてしまう。

 感動のラストというものではない、中学生には重くつらくのしかかるラスト、それだからこそ、30年以上たっても心に残っているのかもしれない。主人公の僕とエーミールの出会いで重要な役割をするのがコムラサキ。それはこんな風に描かれている。

ある時、ぼくは、ぼくらのところでは珍しい青いコムラサキを捕らえた。それを展翅し、乾いたときに、得意のあまり、せめて隣の子供にだけは見せよう、という気になった。それは、中庭の向こうに住んでいる先生の息子だった。この少年は、非の打ち所がないという悪徳をもっていた。それは子供としては二倍も気味悪い性格だった。(中略)そのため、ぼくはねたみ、嘆賞しながら彼を憎んでいた。
この少年にコムラサキを見せた。彼は専門家らしく、それを鑑定し、その珍しいことを認め、二十ペ二ぐらいの現金の値打ちはある、と値踏みした。しかし、それからかれは難癖をつけ始め…、(中略)

 さて、コムラサキであるが教科書の注には「タテハチョウ科。黒褐色の地色に、黄褐色の斑紋がある」と紹介されている。たしかにそうかもしれない、しかしこれではコムラサキの紫が十分に紹介されていない。確かに地色は黒褐色である。しかし、それはひかりの干渉によって紫色に光り輝くのだ。それは、幻の紫色なのかもしれない。しかし、写真でもその紫は紫にしっかりと記録される。黒褐色も紫も私にとっては本当の色だ。

 写真を撮りだしてからは、なかなか出会うことができなかった蝶であったが、裏磐梯ではここにもかここにもかというほどたくさんのコムラサキに出会うことができた。

 写真 平成20年7月下旬 裏磐梯

◆関連記事 キアゲハ 「少年の日の思い出」   

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

ジョウザンミドリシジミ ゼフィルスと呼ばれる蝶

名前 ジョウザンミドリシジミ(定山緑小灰蝶)
分類 シジミチョウ科ミドリシジミ亜科
生息地と時期 ミズナラ・コナラ林
私が出会った場所 磐梯山(7月後半)

20080721_img_6554ed

 磐梯山登山口は霧の中であった。その霧の中、青く光る蝶が無数に飛び交っていた。夢のような景色であった。その蝶はジョウザンミドリシジミ。

 ミドリシジミの仲間をゼフィルスという。ゼフィルスとはなんのことだろう。分類学のレベルが低かった時代に、樹上性のシジミチョウの仲間を総括してZephyrusと呼んでいたのが始まりだという。語源はギリシャ神話の西風の神ゼピュロスである。

 子どもの頃の私に昆虫と共に多くの影響を与えたのは手塚治虫だ。私はアトムの大ファンだった。手塚治虫が虫マニアであったことを知ったのは後のことだが、子どもの時の私は手塚治虫の中にそれを感じ取っていたのかもしれない。

 手塚治虫は生涯3回ゼフィルスという名前を作品に使っている。一つ目はユニコに登場する西風の精ゼフィルス。二つ目は「ゼフィルス」というタイトルでミドリシジミを扱った作品。この作品に登場するゼフィルスはウラジロミドリシジミ。昆虫少年であった手塚治虫だからこそ生み出せた作品で、同じく昆虫作品であった私は、強く深い感動を味わうことができた。そして、三つ目は「地球を呑む」の謎の美女に与えられた名前である。ミドリシジミと謎の美女を重ね合わせる気持ちは、ミドリシジミの仲間のあの美しさに触れたものなら理解できるはずだ。

 霧の中を青い光を振りまきながら舞う、ジョウザンミドリシジミたちは、夢であった。

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

2008年8月31日 (日)

アマゴイルリトンボ 4県でしか確認されていない珍しいトンボ

名前 アマゴイルリトンボ(雨乞瑠璃蜻蛉)
分類 モノサシトンボ科
出現期 6月から8月
生息地 福島・山形・新潟・長野の4県のみで生息が確認されている
私が出会った場所 福島県・裏磐梯(7月後半)

2008072221_img_6852_2 

 アマゴイルリトンボは雨乞い瑠璃糸蜻蛉。新潟県の朱門岳にある雨乞池で発見されたため、この名前がついた。日本特産で生息場所は福島、山形、新潟、長野の4県に限られるという。

 磐梯山登山後、裏磐梯を訪れた際、この蜻蛉に出会った。磐梯山は表登山口から裏磐梯に抜ける一番長い道のりを選択した。全13.2㎞は47歳という年齢にはこたえる。そんな疲れをこの蜻蛉は癒してくれた。

 裏磐梯に数多くある湖沼の一つでは、一番多く見られる蜻蛉であると聞いていたが、本当に出会う蜻蛉の8割がこの蜻蛉だったので驚いた。目までが青く彩られた美しい蜻蛉。雨乞いというのは単に発見された地名なのではあるが、なんとなく雨乞いという響きが似合う蜻蛉だと思う。

撮影 平成20年7月 裏磐梯

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

2008年6月15日 (日)

クジャクチョウ  花を再現させた羽

名前 クジャクチョウ(孔雀蝶)
分類 タテハチョウ科
出現期 6月~10月に出現、成虫で越冬する
生息地 本州では山地
私が出会った場所 長野県・美ヶ原、四阿山、湯ノ丸山、烏帽子岳(8月)、白馬山麓(5月…越冬した成虫)、水の塔山(8月)、山梨県・大菩薩峠(8月)、福島県・磐梯山(7月下旬)

20080802_img_7716

小泉八雲に蝶の美しさを実に見事に表現している文章がある。

自然は絶妙な魔法の使い手であるが、自ら食べて育った花々の、変幻きわまりない万華鏡にも似た色と形を、その小さな羽の上に再現して見せてくれる蝶ほど名状しがたくあいらしき生物は、おそらくほかにはいないであろう。

 この文章に触れたとき、真っ先に頭に浮かんだ蝶がクジャクチョウであった。美しい模様から、さぞかし美しい花を付ける植物を食するであろうと想像すると、肩すかしを食らう。クジャクチョウの幼虫の食草は、イラクサ、カラハナソウなどの地味な植物である。

 そのクジャクチョウに初めてであったのは美ヶ原。クジャクチョウは私にとって子どもの頃からあこがれ続けてきた蝶だった。

 孔雀のように美しいクジャクチョウ。英名は孔雀を意味するPeacock。和名も英名も孔雀のイメージから名前が付けられたということは興味深いことだ。日本産の亜種につけられている学名はNymphalis io geisha。geishaは「芸者」である。誰が名付けたのか私の知るところではないが、まあ、話の種としては面白い学名をつけたものだと思う。

Img_1227

  撮影 平成19年8月 大菩薩峠 

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

2008年6月12日 (木)

アゲハ 別名・ナミアゲハ 二つ折りのラブレター

名前 アゲハ(揚羽) 別名・ナミアゲハ
分類 アゲハチョウ科
出現期 3月~10月
幼虫の食草 ミカン類、サンショウ類
生息地 平地の庭、公園、畑など
私が出会った場所 日本の各地で普通に出会っている。

Img_5358

Img_5352

Img_7325

 日本昆虫学会が日本の国蝶を選定したとき、オオムラサキに次いでアゲハは次点の票数を獲得した。アゲハは最も身近な、そして美しい蝶である。

 フランスの小説家、ジュール・ルナールに「博物誌」というという作品がある。彼を取り巻く自然を、簡潔な文体で描いたものである。その中の最も有名な小品が「蝶」。

       蝶 

    二人折りのラブレターが、花の番地を捜している。

 アゲハチョウの羽根の見事な模様を見ていると、二つ折りのラブレターという形容がふさわしいと感じる。

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

2008年6月 6日 (金)

ニワハンミョウ 現代文学「砂の女」に描かれた虫

名前 ニワハンミョウ(庭斑猫)
分類 ハンミョウ科
出現期 5月~9月
生息地 平地から山地の地面
私が出会った場所 神奈川県・不老山(6月初旬)

Img_61602

Img_62313

 ニワハンミョウは肉食昆虫ハンミョウの仲間。実は、以前からずっとニワハンミョウに会いたいと思っていた。それは、大学の時夢中になって読んだ安部公房の『砂の女』にこの昆虫が登場するからだ。私は、大学時代この小説に圧倒された。そして一時期、安部公房に夢中になった。

 安部公房は現代文学の世界的作家である。その代表作『砂の女』は読売文学賞のほか、フランスで最優秀外国文学賞を受賞している。砂丘へ昆虫採集に出かけた男が、砂に埋もれていく一軒家に閉じこめられる物語だ。新潮文庫の解説でドナルド・キーンはこの物語を、20世紀文学の古典と表現している。

その導入部で主人公とニワハンミョウの関係が語られる。

砂地にすむ昆虫の採集が、男の目的だったのである。
けろん、砂地の虫は、形も小さく、地味である。だが、一人前の採集マニアともなれば、蝶やトンボなどに、目をくれたりするものでない。彼等マニア連中がねらっているのは、自分の標本箱を派手にかざることでもなければ、分類学的関心でもなく、またむろん漢方薬の原料さがしでもない。昆虫採集には、もっと素朴で、直接的なよろこびがあるのだ。新種の発見というやつである。

ある日、家の近くの河原で鞘翅目ハンミョウ属の、ニワハンミョウに似た、小っぽけな薄桃色の虫を見つけたのだ。むろんニワハンミョウに、色や模様の変わりものが多いことは、周知の事実である。しかし、前足の形ということになれば、話はまた別だ。(中略)そいつの前足ときたら、まるで分厚い鞘をかぶせたように、もっこりとしていて、黄味がかかっていた。(中略)彼の見間違いでなければ、これは大変な発見になるはずのものだった。ただ、残念なことに、取り逃がしてしまったのである。(中略)
こうして彼は、その黄色い前足をもったニワハンミョウに、すっかりとりこにされてしまったのである。

 丹沢の不老山登山で2匹のニワハンミョウに出会った。山道を歩いていると目の前からふわりと飛んで少し離れたところに着地する虫がいた。まるで私の道案内をしているように。それが写真のニワハンミョウ。ハンミョウの仲間はみなそのような習性があるようで、「道教え」とか「道しるべ」という別名がつけられている。1匹は背中が緑色。もう1匹は茶色。「模様の変わりものが多い」生き物であるということは事実なのだと感じる。

 不老山での出会いは、それはずっとずっと会いたいと思っていたこの昆虫との初めての出会いである。小説の中での出会いから、実に20年以上の年月を経ての出会いであった。

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

2008年5月31日 (土)

コバノトンボソウ 蜻蛉に似た花

名前 コバノトンボソウ(小葉の蜻蛉草)
分類 ラン科ツレサギソウ属
花期 6月~8月
生育地 山地から亜高山にかけての日当たりのよい湿地
私が出会った場所 長野県・志賀高原四十八池(8月)、群馬県・尾瀬ヶ原(8月)

Img_4925

 コバノトンボソウは小葉の蜻蛉草。小さい葉の蜻蛉に似た草という意味である。距と呼ばれる部分が後ろにぴんと跳ね上がっている。この跳ね上がりかたは、夏の暑い日、蜻蛉がおしりをあげてとまっている様子にそっくりである。絶妙なネーミングだと思う。

Img_3865

 おしりをぴんと上げてとまるハッチョウトンボ。コバノトンボソウもハッチョウトンボも尾瀬ヶ原で見ることができる。

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

より以前の記事一覧

最近の写真