フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年9月 | トップページ

2011年3月 6日 (日)

キベリタテハ  図鑑ばかり見ていた日々

名前 キベリタテハ
分類 タテハチョウ科
出現期 8月~9月に出現、成虫で越冬する
生息地 中部地方の高山から福島県より北の地方に生息
私が出会った場所 日光・奥鬼怒(8月下旬)、長野県・平標山(8月中旬)、福島県・会津駒ヶ岳、燧ヶ岳(8月下旬)

Re_mg_3121

 キベリタテハを見かけたことは何度かある。しかし、今までなかなか写真に撮れないでいた蝶であった(正確に表現すると撮れてはいたが紹介するまではいかなかった)。そのキベリタテハを会津駒ヶ岳でようやく写真に撮ることができた。キベリタテハは図鑑ばかり見ていた子どもの頃の私のあこがれの蝶の一つだった。

 子どもの時の私は病弱で、幼稚園も小学校も休んでばかりいた。そんな私があきずにいつも眺めていたのが「昆虫図鑑」だった。特に蝶が好きだった。そして「いつか見てみたい」と強い思いを抱いていた蝶が、このキベリタテハであった。当時の私には、山に行く体力はなかった。

 子どもに「図鑑ばかり見ていてはだめだ」という人がいる。「図鑑だけではなくほんものの自然を見よう」という意味での、その気持ちはわからないでもない。しかし、図鑑を見ることが、まるで悪いことをすることとして否定的な響きを持つ時、私は違和感を感じる。

 子どもの中には、以前の私のように外で蝶を見たくても見られないでいる子どももいる。それに、図鑑を見て蝶にあこがれた子どもが、大人になってその思いを思い出し、そこからほんものの自然に向き合うことだってある。

 図鑑を見ることをやめさせれば、本当の自然に向かうかといえば、そうとは限らない。テレビゲームの世界に向かってしまうこともあるだろう。現在の私の自然への熱い思いは、図鑑ばかりみていた、子ども時代に始まった。

 シュナックの「蝶の生活」のエピソードの中に、中国のある皇帝は、酒宴に招待された美女たちの中から、最も美しい人をキベリタテハに選ばせて恋人にしたというエピソードが紹介されている。前述したように、なかなか近づくのを許してくれなかったキベリタテハがいくら美女であってもそのそばに近寄るとは思えないが、おもしろいエピソードではある。

撮影 平成22年8月 会津駒ヶ岳

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

« 2008年9月 | トップページ

最近の写真