フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« キンエノコロ 黄金色の草地 | トップページ | キキョウ  桔梗色の空 »

2008年9月18日 (木)

ワレモコウ  さびしききわみを感じる花

名前 ワレモコウ(吾亦紅)
分類 バラ科
花期 7月~10月
生育地 平地および山地(山地では普通に見られる)
が出会った場所 埼玉県・久喜市、他、長野県・霧ガ峰、山梨県・大菩薩峠、群馬県・尾瀬ヶ原 その他多くの場所で 

Img_9654ed

 バラ科であるが、花はどう見てもバラの仲間には見えない。しかし、その独特の風情はなぜか人を惹きつける。古くは「源氏物語」の匂宮の巻にも描かれ、現在は花材やドライフラワーでもよく使われている。

 「徒然草」には「家にありたき木は…、(中略)秋の草は荻薄、きちかう(キキョウのこと)、萩、女郎花、藤袴、しおに(シオンのこと)、われもかう…」とある。ワレモコウは兼好法師の美意識に適う花なのである。

 ワレモコウを描いた俳句や短歌には心惹かれる歌が多い。

吾も亦(また)紅(くれない)なりとひそやかに  高浜虚子
吾亦紅 すすきかるかや 秋草の さびしききはみ 君におくらむ 若山牧水

 さびしき極みをプレゼントする。何とすてきなプレゼントだろう。わびしき極みは美しさの極みでもあると私は感じる。さて、ワレモコウを描いた現代の詩を最後に紹介したい。    

      ワレモコウ まど・みちお

やあ!
と思わずぼくは
笑いかけたような気がする

やあ!
とひびくようにきみも
笑いかえしてきたような気がする

どこもかしこも
しらない草ばかりぼうぼうの
この草原にことしもきて
やっと見つけた顔なじみ
ワレモコウ!

やまびこの子どもが忘れていった
ボンボンのように
雲のハンカチの上にちらばって
五つ六つ

いまごろ
どこでどうしているだろう
「ワレモコウっていうのよ」
と教えてくれた
あの去年の
リスのような目の女の子は

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

« キンエノコロ 黄金色の草地 | トップページ | キキョウ  桔梗色の空 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143900/42456123

この記事へのトラックバック一覧です: ワレモコウ  さびしききわみを感じる花:

» 今週の空19・吾亦紅 [ぐっちゃんブログ]
空を背景にわが百野草園(ものぐさ園)の吾亦紅を撮りました             [続きを読む]

« キンエノコロ 黄金色の草地 | トップページ | キキョウ  桔梗色の空 »

最近の写真