フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

モズ  ちいさい秋みつけた

名前 モズ(百舌・鵙)
分類 スズメ目モズ科
生息地と時期 夏  冬
私が出会った場所 秋から冬 埼玉県・杉戸町、宮代町、春日部市、久喜市 など日本各地の平地で、夏 日光 など日本各地の高原で

Img_9651

サトウ・ハチローの詩が好きだ。深く深く心を打つ。
サトウ・ハチローは父に反発し中学を落第、退校そして留置場入りという人生を送ってもいる。そんな人生が美しい詩を生み出したというような考えはしたくはないが、その詩が私の心を打つのは事実だ。童謡もいい。特に好きな曲が「小さい秋」(作曲・中田喜直)。秋の生命がさりげなく、美しく描かれている。

だれかさんが だれかさんが
だれかさんが 見つけた
小さい秋 小さい秋
小さい秋 見つけた
目隠し 鬼さん 手の鳴る方へ
澄ました お耳に かすかに沁みた
呼んでる口笛 百舌の声
小さい秋 小さい秋
小さい秋 見つけた 

 モズの鳴き声というと真っ先に思い出されるのが高鳴きと呼ばれる鳴き声だ。「キィーキィーキィーキィー…」と鋭く鳴く。ただモズの鳴き声はそれだけではない。モズは漢字で書くと百舌。百の舌を使うがごとく、他の鳥の鳴き真似をするのだ。私も以前ウグイスのまねをするモズに出会ったことがある。口笛のような鳴き方にも出会ったことがある。モズの高鳴きは小さい秋というより、秋そのものという感じがする。小さい秋には口笛のモズの声が似合う。

 モズは写真で見ると小さくてかわしらしく見えるが、性格はどう猛である。モズは鋭いとげや枝先などに、昆虫、トカゲ、カエル、更に鳥までも捕まえて刺す。刺されたものはモズの速贄(はやにえ)と呼ばれている。縄張り争いも雄、雌関係なく激しく行われる。人間の道徳規範では人でなしに当てはまるのだが、モズは人でないのだから仕方がない。

    夕鵙(ゆうもず)の雀のまねをして去りぬ 青邨

ある朝の鵙(もず)ききしより日々の鵙 敦

雀より鵙が近しや熱の中 空華 

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

アマゴイルリトンボ 4県でしか確認されていない珍しいトンボ

名前 アマゴイルリトンボ(雨乞瑠璃蜻蛉)
分類 モノサシトンボ科
出現期 6月から8月
生息地 福島・山形・新潟・長野の4県のみで生息が確認されている
私が出会った場所 福島県・裏磐梯(7月後半)

2008072221_img_6852_2 

 アマゴイルリトンボは雨乞い瑠璃糸蜻蛉。新潟県の朱門岳にある雨乞池で発見されたため、この名前がついた。日本特産で生息場所は福島、山形、新潟、長野の4県に限られるという。

 磐梯山登山後、裏磐梯を訪れた際、この蜻蛉に出会った。磐梯山は表登山口から裏磐梯に抜ける一番長い道のりを選択した。全13.2㎞は47歳という年齢にはこたえる。そんな疲れをこの蜻蛉は癒してくれた。

 裏磐梯に数多くある湖沼の一つでは、一番多く見られる蜻蛉であると聞いていたが、本当に出会う蜻蛉の8割がこの蜻蛉だったので驚いた。目までが青く彩られた美しい蜻蛉。雨乞いというのは単に発見された地名なのではあるが、なんとなく雨乞いという響きが似合う蜻蛉だと思う。

撮影 平成20年7月 裏磐梯

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »

最近の写真