フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« アゲハ 別名・ナミアゲハ 二つ折りのラブレター | トップページ | アマゴイルリトンボ 4県でしか確認されていない珍しいトンボ »

2008年6月15日 (日)

クジャクチョウ  花を再現させた羽

名前 クジャクチョウ(孔雀蝶)
分類 タテハチョウ科
出現期 6月~10月に出現、成虫で越冬する
生息地 本州では山地
私が出会った場所 長野県・美ヶ原、四阿山、湯ノ丸山、烏帽子岳(8月)、白馬山麓(5月…越冬した成虫)、水の塔山(8月)、山梨県・大菩薩峠(8月)、福島県・磐梯山(7月下旬)

20080802_img_7716

小泉八雲に蝶の美しさを実に見事に表現している文章がある。

自然は絶妙な魔法の使い手であるが、自ら食べて育った花々の、変幻きわまりない万華鏡にも似た色と形を、その小さな羽の上に再現して見せてくれる蝶ほど名状しがたくあいらしき生物は、おそらくほかにはいないであろう。

 この文章に触れたとき、真っ先に頭に浮かんだ蝶がクジャクチョウであった。美しい模様から、さぞかし美しい花を付ける植物を食するであろうと想像すると、肩すかしを食らう。クジャクチョウの幼虫の食草は、イラクサ、カラハナソウなどの地味な植物である。

 そのクジャクチョウに初めてであったのは美ヶ原。クジャクチョウは私にとって子どもの頃からあこがれ続けてきた蝶だった。

 孔雀のように美しいクジャクチョウ。英名は孔雀を意味するPeacock。和名も英名も孔雀のイメージから名前が付けられたということは興味深いことだ。日本産の亜種につけられている学名はNymphalis io geisha。geishaは「芸者」である。誰が名付けたのか私の知るところではないが、まあ、話の種としては面白い学名をつけたものだと思う。

Img_1227

  撮影 平成19年8月 大菩薩峠 

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

« アゲハ 別名・ナミアゲハ 二つ折りのラブレター | トップページ | アマゴイルリトンボ 4県でしか確認されていない珍しいトンボ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143900/41544341

この記事へのトラックバック一覧です: クジャクチョウ  花を再現させた羽:

« アゲハ 別名・ナミアゲハ 二つ折りのラブレター | トップページ | アマゴイルリトンボ 4県でしか確認されていない珍しいトンボ »

最近の写真