フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« アサギマダラ  海を渡る美しい蝶 | トップページ | コバノトンボソウ 蜻蛉に似た花 »

2008年5月30日 (金)

モンシロチョウ 車のいろは空のいろ

名前 モンシロチョウ(紋白蝶)
分類 シロチョウ科
食草 アブラナ科の栽培種(キャベツなど)
出現期 3月~11月
生息地 日本全国のキャベツ畑など
私が出会った場所 埼玉県・杉戸町、久喜市、宮代町、春日部市 他 日本全国で普通

Reimg_0763

 モンシロチョウは私が住んでいる埼玉県では最も普通に見られる蝶だ。春先この蝶が飛ぶのを見ると、ああ、春が来たんだなと感じる。モンシロチョウは埼玉県だけでなく日本全国に普通に見られる蝶だが、大昔に大陸からやってきた外来種だといわれている。小さくてかわいらしい蝶だが、集団で海を渡ることもあるという。

 小学校の国語の教科書に「白いぼうし」という作品があった。小学校6年間を通して特に印象に残る作品であった。「白いぼうし」はあまんきみこ作「車のいろは空のいろ」の8つの短編の中の一作で、空色のタクシーに乗っているタクシー運転手・松井さんが主人公だ。

「これはレモンのにおいですか?」
ほりばたでのせたお客の紳士が、はなしかけました。
「いいえ、夏みかんですよ」

 という印象的な会話でこの物語は始まる。
 車道のそばに白いぼうしが置かれているのに気づいた松井さんは、このままでは風が吹いて車にひかれてしまうと思い、タクシーから降りてぼうしを手に取る。すると、中からモンシロチョウが飛び出す。松井さんは男の子のために、田舎のお母さんが送ってくれた夏みかんを置いて、その上にぼうしをかぶせる。
 車に戻ると、おかっぱのかわいい女の子がシートに座っている。道に迷ってしまったようだ。そして、「菜の花横町」に位って欲しいという。松井さんは菜の花橋のことだろうと思いそこに向かう。ふと気がつくとバックミラーには誰もうつっていない。女の子は消えてしまった。そこは、小さな団地の前の小さな野原。そして、そこには白い蝶が、たくさん飛んでいた。そして、松井さんの耳に、こんなに声が聞こえてくる。

「よかったね」
       「よかったよ」
「よかったね」
   「よかったよ」

誰もいなくなった、空色のくるまのなかには夏みかんのにおいがかすかに残っていた。

「白いぼうし」に描かれた白い蝶はモンシロチョウだろう。私はモンシロチョウを見ると、この物語を思い出す。そして、昆虫少年だった小学生の私を思い出す。

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

« アサギマダラ  海を渡る美しい蝶 | トップページ | コバノトンボソウ 蜻蛉に似た花 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143900/41373757

この記事へのトラックバック一覧です: モンシロチョウ 車のいろは空のいろ:

« アサギマダラ  海を渡る美しい蝶 | トップページ | コバノトンボソウ 蜻蛉に似た花 »

最近の写真