フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ハクサンチドリ 林間学校の思い出 その2 | トップページ | ニオイタチツボスミレ  かお くっつけて しゃがんでた(まど・みちお) »

2008年5月 6日 (火)

エイザンスミレ  ひとりぼっちでさいてたよ(まど・みちお「すみれのはな」)

名前 エイザンスミレ(叡山菫)
分類 スミレ科
花期 4月~5月
生育地
私が出会った場所 埼玉県・伊豆ヶ岳、栃木県・日光小倉山、県民の森、東京都・高尾山、御岳山、神奈川県・大山 その他多くの山で

Img_3622

Img_5610

童謡『ぞうさん』で有名なまど・みちおに「すみれのはな」という私のお気に入りである詩がある。

    すみれのはな  まど・みちお

しらないまに いっていた
こんにちはって いっていた
すみれのはな
すみれのはな
それは さみしい やまみちに
ひとりぼっちで さいてたよ

 この詩を読んで、私が思い浮かべたのはエイザンスミレ。写真のように葉が深く裂けているので、見分けが難しいスミレの中でもこのスミレはかんたんに同定できる。もっと葉が裂けるヒゴスミレというスミレが存在するが、こちらはエイザンスミレと比べ見られる場所は局所的である。

 さみしいやまみちに ひとりぼっちで咲いているイメージにぴったりのスミレだと思う。

撮影 
上 埼玉県伊豆ヶ岳
下 栃木県県民の森

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

« ハクサンチドリ 林間学校の思い出 その2 | トップページ | ニオイタチツボスミレ  かお くっつけて しゃがんでた(まど・みちお) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143900/41120162

この記事へのトラックバック一覧です: エイザンスミレ  ひとりぼっちでさいてたよ(まど・みちお「すみれのはな」):

« ハクサンチドリ 林間学校の思い出 その2 | トップページ | ニオイタチツボスミレ  かお くっつけて しゃがんでた(まど・みちお) »

最近の写真