フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« エイザンスミレ  ひとりぼっちでさいてたよ(まど・みちお「すみれのはな」) | トップページ | フモトスミレ 高貴な紫をまとった花 »

2008年5月 8日 (木)

ニオイタチツボスミレ  かお くっつけて しゃがんでた(まど・みちお)

名前 ニオイタチツボスミレ(匂立坪菫)
分類 スミレ科
花期 3月下旬~5月中旬
生育地 開けた草地、明るい落葉樹林下
私が出会った場所 栃木県・三毳山、東京都・裏高尾、神奈川県・大山

Img_3834

Img_5182

前回の寫眞館「エイザンスミレ」で紹介した、まど・みちお作『すみれのはな』には続きがある。

すみれのはな まど・みちお 

きがついたら しゃがんでた
かお くっつけて しゃがんでた
すみれのはな
すみれのはな
それは ちいさな こもれびに
いっしょうけんめい さいてたよ

 私はこのスミレに出会うと、いつもしゃがんで顔をくっつけてみる。そのスミレの名はニオイタチツボスミレ。花にかすかな芳香があることで知られている。このスミレの花を知っている人の多くは、私と同じような行動をとるようだ。裏高尾で、このスミレの花に鼻を近づけている人たちと何度も出会った。

 悲しいことに私はこのスミレの花に匂いを感じたことがない。おそらく私が花粉症であることに関係があるのだろう。この花が咲く頃は私の花粉症の症状のピーク時に当たるからだ。私以外の人でも、このにおいを感じない人はいるようである。裏高尾で出会った人たちの、半分は「いい香り」と言って喜んでいたが、半分は「においがしない」と私と同じ感想を語っていた。

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

« エイザンスミレ  ひとりぼっちでさいてたよ(まど・みちお「すみれのはな」) | トップページ | フモトスミレ 高貴な紫をまとった花 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143900/41130587

この記事へのトラックバック一覧です: ニオイタチツボスミレ  かお くっつけて しゃがんでた(まど・みちお):

« エイザンスミレ  ひとりぼっちでさいてたよ(まど・みちお「すみれのはな」) | トップページ | フモトスミレ 高貴な紫をまとった花 »

最近の写真