フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ハナイバナ  キュウリグサに似た花 | トップページ | スミレ(菫) アテナイのシンボルであった花 »

2008年4月27日 (日)

ギンリョウソウ(銀龍草)① 『西の魔女が死んだ』で描かれた植物

名前 ギンリョウソウ(銀龍草 別名・ユウレイタケ)
分類 イチヤクソウ科ギンリョウソウ属
花期 5月~8月
生息地 山地のやや湿り気のあるところ
私が出会った場所 東京都・高尾山、栃木県・日光湯の湖周辺、塩原渓谷遊歩道、福島県・駒止湿原、長野県・志賀高原 他・多くの場所で出会っている

Re_mg_1807_800x533

Pict00511

昨日紹介した『西の魔女が死んだ』(梨木香歩 作)にはキュウリグサと共にもう一つ印象深い植物が登場する。主人公が林の中にある穴の中に落ちたとき、その植物が穴の中一面に咲いているのだ。その植物は物語の中で次のように表現されている。

◆穴の脇は更に深い洞のようになっていて、その一面に美しい銀色の花が咲いていたのだ。暗い林の奥の、そのまた暗い、ほとんど陽も届かないはずの場所に。その植物は二十センチくらいの、葉を持たない銀白色の鱗をつけた茎の先に、やはり銀細工のような小さな蘭に似た花をつけていた。それが何十本となく、まるで茸かつくしのように地面から生えているのを見るのは不思議な光景だった。

山の植物を少し知った人なら、この描写でこの花が銀龍草(ギンリョウソウ)だとわかるだろう。この小説の他の植物は片仮名で表現されているのに、このギンリョウソウは銀龍草にギンリョウソウというルビが振ってある。確かに漢字で表現したくなる素敵な名前の植物である。私の幻の森にふさわしい幻のような花だ。

撮影 2004年6月 駒止湿原にて

◆関連記事
キュウリグサ 『西の魔女が死んだ』で描かれた花 その1

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

« ハナイバナ  キュウリグサに似た花 | トップページ | スミレ(菫) アテナイのシンボルであった花 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143900/41023142

この記事へのトラックバック一覧です: ギンリョウソウ(銀龍草)① 『西の魔女が死んだ』で描かれた植物:

« ハナイバナ  キュウリグサに似た花 | トップページ | スミレ(菫) アテナイのシンボルであった花 »

最近の写真