フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ジャコウアゲハ  番町皿屋敷との関係 | トップページ | ギンメッキゴミグモ  里にいる銀色のクモ »

2007年7月13日 (金)

ハッチョウトンボ  日本一小さい蜻蛉

名前 ハッチョウトンボ
分類 トンボ科
出現期 5月~10月
生息地 丘陵地の湿地
私が出会った場所 群馬県・尾瀬ヶ原、福島県・宮床湿原 

Edpict0037

ハッチョウトンボは日本一小さな蜻蛉である。その大きさはわずか2㎝。写真はその小ささを正確には表現してくれない。この蜻蛉が見られる場所は、少なくはないのに、地域での天然記念物になっていたりする。それは日本一の小ささによるのだろうか。まあ、この愛らしい蜻蛉が保護されるということはよいことだ。この時期、福島県の宮床湿原ではたくさんのハッチョウトンボを見ることができる。この写真は二年前、宮床湿原を訪れたときに撮ったもの。きっと今年もハッチョウトンボを楽しむことができることだろう。

撮影 2005年6月末 宮床湿原

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

« ジャコウアゲハ  番町皿屋敷との関係 | トップページ | ギンメッキゴミグモ  里にいる銀色のクモ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143900/15746733

この記事へのトラックバック一覧です: ハッチョウトンボ  日本一小さい蜻蛉:

« ジャコウアゲハ  番町皿屋敷との関係 | トップページ | ギンメッキゴミグモ  里にいる銀色のクモ »

最近の写真