フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

ノウルシ 黄に染まって

名前 ノウルシ(野漆)
分類 トウダイグサ科トウダイグサ属
花期 4月~5月
生育地 河岸などの湿地
私が出会った場所 埼玉県・さいたま市(岩槻地区、東岩槻、田島ヶ原)

Edimg_4079

Edimg_4110

さいたま市にある田島ヶ原にサクラソウを見に行った。
サクラソウは美しかった。
そしてそのサクラソウに負けず劣らず美しいのが、一面を黄に染めるノウルシだ。

撮影 平成19年3月31日 田島ヶ原

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

シュンラン(春蘭) 清楚なうすみどり

名前 シュンラン(春蘭)
分類 ラン科
生育地 山地、丘陵
私がであった場所  埼玉県・杉戸町、宮代町、東京都・高尾山、陣馬山、栃木県・三毳山
   他

Edimg_4234

 私が住んでいる地元の杉戸町でシュンランを発見した。
 地元にこんなすてきな蘭が自生しているなんて、今まで知らなかった。

 平成4年に初版が出た「野草大百科」には、「野生の蘭では最も普通に見られる花」と記されている。本当にそうだったのだろうか。その当時も普通に見られたという記憶は私にはない。春蘭は山野草ブームで乱獲されている蘭である。少なくとも21世紀においては、普通に見られる花ではなくなっている。

 多くの図鑑に別名「ほくろ」が紹介されている。花にある斑点をほくろに見立てたのである。植物学者・牧野富太郎博士は、中国に春蘭という別の植物が存在することから、「ほくろ」を標準和名にした。私は、春蘭という呼び名の方が好きだ。シュンランは派手な装いを拒む、清楚な花と感じるからだ。そして、春蘭の方が響きに清楚なものを感じるのだ。

   てふてふひらひらひらかうとしてゐる春蘭  山頭火
   春蘭や雨をふくみてうすみどり        杉田久女
   

Img_4227

撮影 平成19年4月 埼玉県杉戸町

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

2007年3月 4日 (日)

セツブンソウ  白い妖精

名前 セツブンソウ(節分草)
分類 キンポウゲ科セツブンソウ属
花期 石灰岩地の樹林内
生育地 2月~3月
私が出会った場所 栃木県・星野町、埼玉県・四阿屋山

Edimg_3835

Img_3826

 セツブンソウは白い妖精のような花だ。

 節分の頃から開花が始まり、初夏には地上部が枯れてしまう。スプリング・エフェメラル(春の短い命)と呼ばれる生き物の一つである。出会える場所が限定されているのは、セツブンソウが石灰岩地を好むという特性による。ただ、咲いている場所では群生する。

 私は冬の厳しい寒さの中、春と訪れを知らせてくれる白い妖精たちに心ときめかせて会いに行く。

撮影 平成19年3月 四阿屋山

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

« 2006年10月 | トップページ | 2007年4月 »

最近の写真