フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« イヌスギナ  ツクシとスギナの合成写真のような… | トップページ | シロカネイソウロウグモ  居候する銀色の蜘蛛 »

2006年10月21日 (土)

ナンバンギセル(南蛮煙管)  思い草

名前 ナンバンギセル(南蛮煙管) 別名 思い草
分類 ハマウツボ科ナンバンギセル属
花期 7月~9月
生育地 山野のススキ、ミョウガ、サトウキビが生えている場所
私が出会った場所 埼玉県・武蔵森林公園

Img_84601_1

ススキの群落を見つけると腰をかがめて中を覗き込む。ひっそりと咲くナンバンギセルに出会うため。必ず見つけられるわけではないが、見つけることができたときは心の中がぽっとあたたかくなる。南蛮煙管という名前は、桃山時代煙草とともにもたらされた煙管に似ていることからつけられたもの。万葉の時代には思い草とい名前で登場する。

道の辺の尾花が下の思ひ草今さらになぞものか思はむ

が有名。うつむきかげんにつく花を恋に思い悩む女性に見立てた感性が素晴らしい。実はこの草はススキの根に寄生している。ススキの栄養を吸い取りつつその根もとで可憐な花を咲かせているのだ。そのような事実が、この花を現代の人間に見立ててみたいという気持ちにさせるのだが…。やめておくとしよう。私はこの花を見つけてぽっとあたたかくなる心を大切にしたい。

撮影 平成18年10月 武蔵丘陵森林公園

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

« イヌスギナ  ツクシとスギナの合成写真のような… | トップページ | シロカネイソウロウグモ  居候する銀色の蜘蛛 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143900/12370671

この記事へのトラックバック一覧です: ナンバンギセル(南蛮煙管)  思い草:

« イヌスギナ  ツクシとスギナの合成写真のような… | トップページ | シロカネイソウロウグモ  居候する銀色の蜘蛛 »

最近の写真