フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ヤマゼリ  野生の生け花   | トップページ | ミズヒキ  水引と名づけられた理由  »

2006年9月28日 (木)

ノガリヤス  日だまりの中で

名前 ノガリヤス(野苅安) 別名・サイトウガヤ
分類 イネ科ノガリヤス属
花期 8月~10月
生育地 山野の草地ややぶ
私が出会った場所 埼玉県・宮代町、栃木県・日光(小倉山) 他、日本各地で普通に出会える。

Img_70141

ほとんど注目されることのないイネ科の植物。
私はそんなイネ科の植物を撮るのが好きだ。

ノガリヤスは野に咲く苅安の意味。苅安はイネ科ススキ属の染料植物。苅安は「刈り安い」の意味だという。別名はサイトウガヤ。斉藤茅ではない。漢字で書くと西塔茅となる。比叡山の西塔付近で初めて採集されたことから名付けられたらしい。

    撮影 平成18年9月24日(土) 日光・小倉山

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

« ヤマゼリ  野生の生け花   | トップページ | ミズヒキ  水引と名づけられた理由  »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143900/12053204

この記事へのトラックバック一覧です: ノガリヤス  日だまりの中で:

« ヤマゼリ  野生の生け花   | トップページ | ミズヒキ  水引と名づけられた理由  »

最近の写真