フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ツユクサ ( 露草) つゆ草を花と思ふは誤りである | トップページ | ママコノシリヌグイ  許される名前と許されない名前 »

2006年9月19日 (火)

ヒガンバナ 別名・マンジュシャゲ  赤、赤、赤の世界

名前 ヒガンバナ(彼岸花) 別名・マンジュシャゲ(曼珠沙華) 
分類 ヒガンバナ科ヒガンバナ属
花期 9月
生育地 田の畦や土手
私が出会った場所 埼玉県・久喜市、宮代町、巾着田(大群生することで有名)、他 日本の各地で普通に出会える

Img_69361_1

雨の中に咲く曼珠沙華の花。美しい。
赤、赤、赤の世界がそこにあった。

曼珠沙華はを詠った詩はどれも妖しい。黄泉の世界と繋がっているような詩が多い。例えば、北原白秋の詩。

  曼珠沙華 北原白秋

 GONSHAN. GONSHAN. 何処へゆく。
 赤い御墓の曼珠沙華、
 曼珠沙華、
 けふも手折りに来たわいな。

 GONSHAN. GONSHAN. 何本か。
 地には七本、血のやうに、
 血のやうに、
 ちやうど、あの児の年の数。

 GONSHAN. GONSHAN. 気をつけな。
 ひとつ摘んでも、日は真昼、
 日は真昼、
 ひとつあとからまたひらく。

 GONSHAN. GONSHAN. 何故泣くろ。
 何時まで取っても、曼珠沙華、
 曼珠沙華、
 恐や赤しや、まだ七つ。

例えば昭和13年の歌謡曲「長崎物語」の1番

    長 崎 物 語 歌 谷 真酉美
           作詩 梅木三郎  作曲 佐々木俊一

  赤い花なら 曼珠沙華
  阿蘭陀屋敷に 雨が降る
  濡れて泣いてる じゃがたらお春
  未練な出船の あゝ鐘が鳴る
  ララ鐘が鳴る

例えば曼珠沙華を詠った俳句

 曼珠沙華抱くほどとれど母恋し         中村汀女
 まんじゆさげ月なき夜も蘂ひろぐ       桂信子
 まんじゆしやげ昔おいらん泣きました 渡辺白泉

私は、タンポポのような花にも惹かれるが、曼珠沙華にも魅力を感じる。

Img_69162

   赤、赤、赤の世界に白も混じる。白花曼珠沙華も魅力的である。

Img_6940

平成18年9月18日 埼玉県・巾着田にて

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

« ツユクサ ( 露草) つゆ草を花と思ふは誤りである | トップページ | ママコノシリヌグイ  許される名前と許されない名前 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143900/11961329

この記事へのトラックバック一覧です: ヒガンバナ 別名・マンジュシャゲ  赤、赤、赤の世界:

« ツユクサ ( 露草) つゆ草を花と思ふは誤りである | トップページ | ママコノシリヌグイ  許される名前と許されない名前 »

最近の写真