フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« アオバズク 百面相 | トップページ | キアゲハ 「少年の日の思い出」 »

2006年8月16日 (水)

オオセスジイトトンボ 42年前の確認を確認

名前 オオセスジイトトンボ(大背筋糸蜻蛉)
分類 トンボ目イトトンボ科
生息地 マモコなどの多い湖沼
私がであった場所 埼玉県・杉戸町

Edimg_9525

Edimg_8339

 平成18年8月13日(日)の読売新聞朝刊に「オオセスジイトトンボ 42年ぶり確認 杉戸で5歳が捕まえる」という記事が載っていた。オオセスジイトトンボは埼玉では42年間発見されていなかったのだそうだ。町立図書館主催の自然観察会で講師として招かれた日本蜻蛉学会の方が、5歳の男の子が捕らえたトンボをオオセスジイトトンボと確認したのだという。そしてその方こそ42年前の1964年にこのトンボを採取した本人であった。

 さて杉戸町というのは私が住んでいる町だ。県立図書館は車で10分ほどの場所にある。新聞に発見された場所は書かれていないが、きっとこのあたりであろうという当たりをつけた場所にでかけた(今日は私にとって夏休み3日目)。42年間発見されなかったトンボであるから、発見するには大変な苦労が待ちかまえているかもしれないと思ったが、予想した場所に着いてすぐ目的のトンボが目の前に現れた(上の写真がオス、下の写真がメス)。

 ちなみにこのオオセスジイトトンボは環境省のレッドデータブックで絶滅の可能性が極めて高い「絶滅危惧種Ⅰ類」に分類されている。自宅近くにこのような自然があるということに、少し誇らしい気持ちになった。

Img_51101

私は珍しい生き物ばかり追っているわけではないが、オオセスジイトトンボのおかげでトンボの世界のすばらしさに再び出会うことができた。そう、私は42年前トンボ少年だった。そしてこのトンボは私をトンボ少年に戻してくれた。
少年が「好奇心に満ちあふれている人」という意味で使われるならば、私は今でも少年である。

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

« アオバズク 百面相 | トップページ | キアゲハ 「少年の日の思い出」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143900/12568020

この記事へのトラックバック一覧です: オオセスジイトトンボ 42年前の確認を確認:

« アオバズク 百面相 | トップページ | キアゲハ 「少年の日の思い出」 »

最近の写真