フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« イワセントウソウ デューラーの言葉からの連想 | トップページ | コケイラン 気品のある花 »

2006年6月19日 (月)

モリアオガエル 憧れとの出会いとその代償

名前 モリアオガエル(森青蛙)
分類 カエル目アオガエル科
繁殖期 4月~7月
生息地 平地~高山帯の池沼のある森
私が出会った場所 栃木県・竜王峡、新潟県・奥胎内、京都・西芳寺(苔寺)

Img_14661

写真はモリアオガエルの卵塊である。私はこの卵塊に抱くのは畏敬の念である。
この中で卵がオタマジャクシになる過程は、生命の不思議を十二分に味わわせてくれるものだ。

そんなモリアオガエルの卵塊は以前から見たいと思っていた、憧れの一つである。
憧れといっても常に100以上の憧れがあるので、そんな中の一つの憧れであるのだが。

さて、憧れの一つとの出会いには、支払うべき代償が待ち受けていた。
その代償とは…

この日は途中から土砂降りの雨となった。
私は雨の中を川治温泉へと向かった。
目的地に到着後すぐ、私は温泉につかるため服を脱いだ。
そして私は凍りついた…
私の体には3匹の山蛭がついていたのである。
蛭という生き物はすごい。私が全く気がつくことなく私の皮膚の上を歩き回る。
更に血を絡まらせない物質を出すことができるらしい、三箇所から滲み出てくる血は何とその後4時間止まらなかった。
恐ろしい…
しかし
私はこの体験に懲りず、2日後再び雨の予報が出ている中
奥日光に出掛けることになるのだが…

写真 平成18年6月 竜王峡

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

« イワセントウソウ デューラーの言葉からの連想 | トップページ | コケイラン 気品のある花 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143900/12574146

この記事へのトラックバック一覧です: モリアオガエル 憧れとの出会いとその代償:

« イワセントウソウ デューラーの言葉からの連想 | トップページ | コケイラン 気品のある花 »

最近の写真