フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« カワガラス  シルエットの似合う鳥 | トップページ | カゲロウ 儚さに出会う旅 »

2006年6月 6日 (火)

エゾハルゼミ 『君の手がささやいている』が頭に浮かぶ

名前 エゾハルゼミ
分類 セミ科
生息地 本州では山地の広葉樹
私が出会った場所 栃木県・那須山麓、日光戦場ヶ原

Img_08611_2

Img_0873_2

6月5日(月) 体育祭の振替休。日光・戦場ヶ原に出掛けた。
戦場ヶ原ではエゾハルゼミの声が鳴り響いている。
この鳴き声なくして種の存続はありえない。
聴覚が種の存続の必要条件である。

総合的な学習の時間に聴覚障がいを扱ったドラマ『君の手がささやいている』をみた。
聴覚が失われた人が共に生きることができるノーマライゼーションに基づいた世界を模索している人間。私はそんな人間という生き物のことを素晴らしいと思う。

「悪い、悪い」といわれた人間が、発憤してよくなろうとすることは多くの人たちが考えているほど多くはない。「悪い」といわれることで悪さに磨きがかかる、悪くていいと開き直る、学校現場で多く見られることだ。私は人間のよさを見つめていきたい。日光・戦場ヶ原でエゾハルゼミの声に包まれ、そんなことを考えた。

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

« カワガラス  シルエットの似合う鳥 | トップページ | カゲロウ 儚さに出会う旅 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143900/12574252

この記事へのトラックバック一覧です: エゾハルゼミ 『君の手がささやいている』が頭に浮かぶ:

« カワガラス  シルエットの似合う鳥 | トップページ | カゲロウ 儚さに出会う旅 »

最近の写真