フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« フクロウ 最後の最後で | トップページ | オオヨシキリ 草野心平の詩に描かれた鳥 »

2006年5月13日 (土)

スイバ(酸葉) 別名・スカンポ すかんぽ、すかんぽ 川のふち

名前 スイバ(酸い葉 別名・スカンポ)
分類 タデ科
花期
 5月~8月
生育地 人家の周辺、草地、田の畦などに普通
私が出会った場所 埼玉県・杉戸町 他 全国各地で出会っている  

Pict0001

 スイバの別名はスカンポ。目立たない花である。ところが、このような目立たない花を詩に詠み込んだ人がいた。北原白秋である。そしてその歌に曲をつけたのは山田耕筰。その曲は「酸模(スカンポ)の咲く頃」

土手のすかんぽ、
ジッワ更紗。
 
晝は螢が、
ねんねする。
 
僕ら小學、
尋常科。
 
今朝も通つて、
またもどる。
 
すかんぽ、すかんぽ、
川のふち。
 
夏が來た、來た。
ド、レ、ミ、ファ、ソ。

どんな内容なのかよくわからないのに、耳に残る歌である。

 スカンポはスイバともいう。スイバは漢字で書けば酸葉である。これは茎や葉に酸味があることによる。そのためスカンポを詠った短歌、俳句にはそれを噛んだという作品が多い。そしてその句は甘酸っぱいようなほろ苦いような味がする。

すかんぽを噛めばおぼろに父のこと 角川春樹
すかんぽを噛んでまぶしき雲とあり  吉岡禅寺洞
すかんぽや口笛風に和す夕べ    大関靖博
すかんぽの茎の味こそ忘られぬいとけなき日のもののかなしみ 吉井勇

 これから語るのは、私がデジタル一眼レフEOS30Dを購入した時のことである。

 夕方、朝から降っていた雨が上がり日が差してきたので家の近くでいくらでも見ることができるスカンポを300ミリレンズを使って撮影してみた。デジタル一眼レフデビューの瞬間である。今まで美しいと感じることのなかったスカンポであったが、そんなスカンポにも美しく輝くときがあることを発見することができた。写真は目に写ったものを映し出すだけのものではないということ、今まで理解していた気がしていたが今日その理解が数歩先に進んだという気がした。下の写真はそのデビュー作である。

Img_00481

Img_0045

5月13日(土)杉戸町

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

« フクロウ 最後の最後で | トップページ | オオヨシキリ 草野心平の詩に描かれた鳥 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143900/12575346

この記事へのトラックバック一覧です: スイバ(酸葉) 別名・スカンポ すかんぽ、すかんぽ 川のふち:

« フクロウ 最後の最後で | トップページ | オオヨシキリ 草野心平の詩に描かれた鳥 »

最近の写真