フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« サワガニ(沢蟹) 宮澤賢治『やまなし』の世界 | トップページ | ヒメツチハンミョウ 毒虫の正体とファーブルとの繋がり »

2006年4月30日 (日)

ハンミョウ(斑猫) 美しさから生じた誤解

名前 ハンミョウ (斑猫)
分類 ハンミョウ科
生息地 路上でよく見られる
私が出会った場所 千葉県・梅ヶ瀬渓谷(4月後半)、長崎県・対馬(5月初旬)、東京都・高尾山(6月上旬)

Re_mg_1267_2

 ハンミョウは漢字で書くと斑猫。背中に斑紋があり、仕草が猫に似ているからこの名前がつけられたという。英語ではtiger beetle、つまり虎のような甲虫という名前がつけられている。ハンミョウは狩りの名人で、体の大きな毛虫やバッタなどを狩る、その獰猛さからそう名付けられたという。獰猛さからだけ判断すると、英語の名前がこの虫にふさわしい気もする。

 ハンミョウは成虫だけでなく、幼虫も獰猛な狩人である。その狩人である幼虫を釣遊びがある。ハンミョウの幼虫は日当たりのよい庭や固い地面の道に小さな穴をあけて、獲物を待つ。そのハンミョウの巣穴に、細長い葉を差し込むとハンミョウの幼虫が餌だと勘違いしてかみつく、その時その葉を引き上げるとハンミョウの幼虫が釣れるというものだ。

 上の写真のように、ハンミョウは美しい虫だ。そして毒がないのに毒虫と間違えられている虫である。

 たしかに斑猫(はんみょう)という名の毒物は存在する。しかし、それはハンミョウではなくツチハンミョウから抽出される毒物である。ツチハンミョウが持つカンタリジンという物質は大変強い毒で30ミリグラムという極微量(数匹分)で人間を死に至らしめるという。

 ハンミョウは文学者にとっても魅力的な虫のようで、『どくとるマンボウ昆虫記』(北杜夫)や『私設博物誌』(筒井康隆)でも紹介されている。奥本太三郎はNHKの人間大学で行った『虫の文学史』と題された講座の中でハンミョウを取り上げている。
3人ともハンミョウが毒虫と間違われていることに言及していることが面白い。

 泉鏡花に『龍潭譚』という小説がある。主人公の少年は美しい虫に刺されることで異界を彷徨うことになる。主人公を刺したその美しい虫の形容は次のようなものだ。

つくづく見れば羽蟻の形して、それよりもやゝ大なる、身はたゞ五彩の色を帯びて青みがちにかゞやきたる、うつくしさいはむ方なし。

 これはまさにハンミョウを描写したものである。ここでハンミョウは毒虫として扱われている。ただ『龍潭譚』はそんな間違いをはるかに越えた魅力ある作品であるのだが。

 高尾山で久しぶりにこの虫に出会った。そして、この美しさそのものに毒があると感じた。

撮影場所 高尾山1号路

◆いきものがたり目次  ○分類別(名前の順)  ○投稿順

◆ホームページ →幻の森

« サワガニ(沢蟹) 宮澤賢治『やまなし』の世界 | トップページ | ヒメツチハンミョウ 毒虫の正体とファーブルとの繋がり »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143900/12575811

この記事へのトラックバック一覧です: ハンミョウ(斑猫) 美しさから生じた誤解:

« サワガニ(沢蟹) 宮澤賢治『やまなし』の世界 | トップページ | ヒメツチハンミョウ 毒虫の正体とファーブルとの繋がり »

最近の写真