フォト

最近のトラックバック

カテゴリー「教育」の記事

2011年5月14日 (土)

第5回自然劇場

Img_0182re平成23年5月8日。今年初めての自然劇場を日光で開催することになった。
東日本大震災の後ということがあり、開催するかどうか迷った。

全国的に旅行を自粛する傾向があったからだ。
日光滝尾神社周辺・小倉山自然公園は崖崩れを心配するような危険なところはない。
何度も行った場所ではあるが、下見に行き、そこで旅行者が戻ってきている状況を目にし、開催することにした。
ただ、保護者の中には心配する方もあるだろうと思い、希望者のみという形にした。全員希望であったが。
新1年生10人も全員参加することになった。

今年の夏の上演劇は『怪談の多い料理店』、第6話のタイトルは『幻の森』。
七つ森中学校に幻の森が現れるという話だ。
私は劇を上演するときに、部員が世界を共有することを大切にしている。
今回は学校に現れる森を共有してほしかった。そして、共有する森を日光に求めた。

日光の素晴らしい森に、ただ行くだけではもったいない。
それで今年も鳥や花を事前学習してから行くことにした。
自分が撮りためている写真を使い、部全体を複数のグループに分けてクイズ合戦をする。それを何回か行った。
驚いたのは2年生の中に鳥について非常に詳しくなっている生徒がいたことだ。
「鳥博士」というあだ名がついてもいいくらいに豊富な知識を身につけていた。

楽しみながらたくさんの鳥を覚え、それぞれが見たいあこがれの鳥を決めた。
鳥も目的の場所に行って間もないうちは、「鳥だ」「また鳥だ」で面白いが、それだけでは1日興味を持続するのは難しい。
「オオルリだ。何てきれいな青なんだ」「キビタキだ、黄色がきれい」「このスミレはヒナスミレ、そしてこれはエイザンスミレ」
、ただ名前を覚えるだけではなく、それぞれの美しさ素晴らしさまで感じるレベルまで高めた自然観察は面白い。
感性も磨かれ、それが演技の向上にもつながる。

さて昨年、上級生全員がオオルリを見ているので、今年のあこがれの鳥はミソサザイが多かった。
ただオオルリは美しい。何度見ても美しく心ときめかされる鳥だ。
生徒たちもそうあってほしかった。

今年は観察を始めてすぐオオルリが見られた。みんな大喜びだった。
そして、今年はもう一つの青い生き物を見ることができた。
それはトカゲ。学校でよくみかけるトカゲは正式名称・カナヘビ。青い尾をもってはいない。

Shizengekijo_tokage1_2青いトカゲを見るのは全員初めてということで、みんな大喜び。
はじめは怖がっていた生徒も、先輩が全然怖がらなく「かわいい、かわいい」というので、
そんなものなのかなと思い次第次第に「怖い」が「かわいい」に変わっていった。あこがれである先輩の影響力はすごい。
私は部活のこんな空気が好きだ。

ヒトリシズカの花も見ることができた。
この花は第6話に七つ森に伝わる伝説として出てくる花。
この時点では登場が決まっていなかったが、全員がこの花を見ることができたこともよかった。

実は、今回の自然劇場の中で、今まで出会いたいと願いながらも出会えないでいた植物のひとつに出会った。花はまだ蕾の状態だった。私は部員にすてきな秘密を話すように、その植物について話した。「これはずっと出会いたいと思いながら、出会えないでいた植物なんだ」Shizengekijo_ko
私はどうしてもその花の写真が撮りたくて、翌週再び日光を訪れ、その花の写真を撮った。地味だけど美しい花だと思う。
この花の名前はここに書くと検索にかかるので、書かないでおく。

※写真はこの日に撮ったものではありません。この日のイメージにあったものを選びました。 撮影者…斉藤俊雄

2011年2月11日 (金)

春一番に向かって歩く(「演劇と教育」2009年8+9月号)

「春一番に向かって歩く」(「演劇と教育」2009年8+9月号)を紹介します。

2日間
よしだし
感情に台詞をのせる
モティベーション
「あこがれ」から「できる」に
最初の上演まで
春一番に向かって

◆◆◆◆

 この夏、久喜中学校演劇部は『春一番』を再び上演する。今、思い出深い『春一番』というドラマを振り返ってみたい。そして、同時に今を見つめてみたい。

続きを読む "春一番に向かって歩く(「演劇と教育」2009年8+9月号)" »

2011年2月10日 (木)

『春一番』あとがき(『演劇と教育』2008年10月号)

『春一番』あとがき(『演劇と教育』2008年10月号)

◆◆◆◆◆

  「中学生は変わった」と耳にすることがある。そしてその言葉は「昔と較べて悪くなった」という響きを伴っている。時代と共に人間は変わる。それは当然だ。しかし、その変化は悪いことばかりなのだろうか、私は「No」と主張したくなる。

続きを読む "『春一番』あとがき(『演劇と教育』2008年10月号)" »

2011年2月 9日 (水)

「Yes」から見つめる子どもの劇上演(2004/1 『演劇と教育』)

「Yes」から見つめる子どもの劇上演~ ~私がたどってきた道のり 久喜中学校演劇部を立ち上げるまで~(『演劇と教育』2004年1+2月合併号)を画像を加えて再アップします。

はじめに
屈辱からのスタート
スタート当時の練習
外見的順風満帆
批判
積み木
変化
自然劇場
通過点としての上演
ジレンマ
新たな旅立ち  
おわりに

◆◆◆◆◆

はじめに

「よい劇を上演しようとすることは、子どもにとって有意義か?」

 演劇教育にかかわったばかりの自分は、子どもたちとよい劇の上演を目指すことは、疑いなくよい取り組みと思っていた。しかし、現実はそう簡単ではないらしい。

 即興的な劇遊びのように、「演じるもの」と「観るもの」という関係がない場で、人間関係・コミュニケーションを育むドラマ教育が、本誌でもよく取り上げられる。そうした活動の意義は充分理解でき共感もできる。しかし、そのような実践例や論考の中には、観客を想定しない活動こそが子どもたちの成長をうながすのであって、観客にみせるための「よい劇」を上演しようとする活動は、一人ひとりの子どもの表現を大切にすることより、舞台の「できばえ」の方が優先され、結果として子どもを型にはめてしまうというマイナス要因となることから「No」なのだ、と言わんばかりのものも少なくない。

  更には、観客を想定する教育は人間を育てる教育ではなく、俳優を育てる教育であるというような主張もある。確かにそのような面を完全に否定することはできない。

 しかし、私はそうしたマイナス要因を視野に入れた上で、よい劇の上演をめざすことは「Yes」なのだと主張したい。

 少し遠回りになるが、私の演劇教育のスタートを見つめることから、この試みを始めたいと思う。

続きを読む "「Yes」から見つめる子どもの劇上演(2004/1 『演劇と教育』) " »

2011年2月 6日 (日)

『魔術』その2

 「第1回埼玉県子ども人権フォーラム」は埼玉県中の小・中・高校生と教員が集まる大きな会であった。会場のさいたま市文化センター大ホールは2000人の参加者で埋まっていた。2階席までいっぱいだった。 

_mg_3359

 劇は好評だった。久喜中では全クラスが道徳の時間にそのDVDを見て、人権の取り組みを行った。県内の他市から『魔術』のDVDを学校で見せたいという依頼が来た。『魔術』を通して人権の取り組みを行ったさいたま市の学校からは、担当教師の手紙とクラス全員が書いた分厚い感想文が送られてきた。それを読んだ私の周りの人たちは大変喜んだ。

 悪意の連鎖を描いた作品が、善意の連鎖をもたらしてくれた。善意の連鎖はいいものだ。

2011年2月 5日 (土)

『魔術』 その1

 自作『魔術』が収録された『たのしい中学校演劇脚本集』(国土社)が出版された。 9784337271517_3

『魔術』は2009年10月に開催された「第1回埼玉県子ども人権フォーラム」のオープニングを飾る劇として県から依頼されて創った30分の劇である。

 実は、この依頼を引き受けるかどうか迷いに迷った。私は文化祭のチーフであり、フォーラムが行われるのは文化祭の3日前だったからである。激務になることは火を見るよりも明らかであった。それは演劇部員にとっても同じである。ただ、その話を聞いた部員達は「やりたい」と言ってきた。その思いに応え、やる決心をした。

 この創作には様々な制約があり、その制約に苦しみもしたが、結果としてやってよかった。
制約の一つは「ネットいじめ」についての劇という指定があったこと。様々なネットいじめの実体が書かれた本を読み、「学校裏サイト」等の現実に触れ、気分が悪くなった。そんな気分での作成は苦しかった。ネットは思いを発信する最良の道具だと思うが、思いの中には悪意もある。ほんのちっぽけなことから始まる悪意の連鎖は恐ろしい。

 私は安易にいじめが解決する劇は創りたくなかった。私が創りたかったのは、劇を見終わった後、観客の中で続いていく劇であった。そのためこの劇は「どうしたらいい」と主人公が問いかける形で終わらせた。

 『魔術』は七つ森の子どもたちシリーズの8作目に当たる作品である。主人公の麻由美は『なっちゃんの夏』に笑いを忘れた少女として登場する。私は『魔術』でそのきっかけとなった出来事を描いた。

2010年3月22日 (月)

第3回自然劇場 フクロウを見に行く

  フクロウという鳥を知らない大人はまずいないだろう。しかし、実際に見たことがある人はどれくらいいるだろう。3月6日(土)に行われた関東に向けての演劇部保護者会で、そのことを質問してみた。保護者の中にフクロウを見た方は一人もいなかった。もちろん部員の中にも一人もいない。鉄は熱いうちに打て。鳥に興味を持つようになった部員たち。今、フクロウに出会えば、その興味は体の奥深くまで染み通るだろう。ということで保護者の協力を得て保護者会終了後、私たち演劇部はこの冬、久喜市近隣に定着したフクロウを見に行った(4人の保護者が車を出してくださった)。目指すフクロウの名はコミミズク。冬に北の国から日本に渡ってくるフクロウの仲間だ。

_mg_9422re

  目的地到着後、10分近く土手を歩いた。その時、突然コミミズクが飛び立った。みんなでそのフクロウを追った。10人を超える女子中学生が双眼鏡片手にフクロウを追って走った。全国でもあまり目にすることがない風景ではないだろうか。絶滅が危惧されているコミミズクの存在よりも、こちらの方が珍しい存在かもしれない。

 さきほどのフクロウは土手に降りしばらくの間そこでじっとしていた。しかし、近くを通った車に驚きフクロウは飛び去り、視界から消えていった。

_mg_9121re

 がっかりしている部員を、野鳥好きのおじさんたちが土手の下から手招きで呼んでいる。野鳥好きのおじさん方はフィールドスコープ(鳥を見るための望遠鏡)で部員たちに前述のフクロウとは別の個体のフクロウを見せてくださった。おじさん方はとっても優しく部員達は大喜び。今日もよい練習ができた。

写真 2枚ともコミミズク この日は雨だったので良い写真が撮れなかった。この写真は一週間前に下見で訪れた時に撮ったもの。

2010年3月21日 (日)

第2回自然劇場 白鳥舞う多々良沼

 第2回の自然劇場の開催地予定地は群馬県の多々良沼。はじめは2月6日(土)に出かける予定だった。しかしこの日は暴風が吹き荒れるという予報のため前日、延期を決めた。朝起きた時は風はなく日差しも暖かだった。思わず、判断を誤ったかと思ったが、9時頃から風が吹き出し、午後になると暴風が吹き荒れた。もし、強行していたら「野鳥観察なんてもうこりごり」という思いをしただろう。延期は2月11日(木)の建国記念の日に。ところがこの日も悪天候で更に2月13日(土)に延期。ところが2月13日(土)は雪。結局2月14日(日)に出かけた(みんなバレンタインデーでも大丈夫だというので)。雪で化粧された多々良沼は美しかった。
 多々良沼は久喜から東武伊勢崎線を使って乗り換えなしで行くことができる。隣の群馬県だが遠くはない。毎年100羽を越える白鳥が訪れることで有名である。今年はNHKのニュースでも紹介されていた。部員たちは生まれてはじめて見る白鳥に大はしゃぎだった。オオハクチョウ、コブハクチョウ、コハクチョウの3種の白鳥を見ることができた。また、サプライズとしてコハクチョウの亜種である珍鳥アメリカコハクチョウまで見ることもできた。コバルトブルーに輝く水辺の宝石カワセミもみんなで見ることができた。
 _mg_8814re

 ここでの野鳥観察の第一の目的はタカ類を見ることだった。関東で上演する劇『七つ森』の中でタカが重要な役で登場するからだ。劇中に「タカだ、タカだぞ」と叫んで、登場人物達が悠然と空を舞うタカを眺めるシーンがある。それをみんなで体験したかった。幸いこの日はノスリ、オオタカ、チョウゲンボウ、トビの4種類のタカを見ることができた。タカの舞を共有した部員は劇の中でこの時のタカの舞を思い出し、生きた表現をしてくれることだろう。この日は何と1日で50種類の鳥を見ることができた。この日も遊びであり勉強でもある楽しい練習ができた。

_mg_8865re

写真
上 アメリカコハクチョウ
下 オオハクチョウ
撮影日 平成22年2月14日(日) 多々良沼
撮影者 斉藤俊雄

2010年3月20日 (土)

第1回自然劇場 昭和池

 私は演劇部が行う自然観察の会を自然劇場と呼んでいる。自然の劇場に出向いて、そこで自然のドラマに触れる。第1回の自然劇場の舞台は昭和池。久喜中から自転車で20分程度のところにある水鳥の宝庫である。この自然劇場のために一週間のほとんどを野鳥の紹介に費やした。理科室にある鳥の図鑑を借り、全員に配布した。自分が今まで撮りためていた写真も使い、クイズを出しながら自然劇場で見ることができそうな鳥を紹介した。

 _mg_8719re_2_mg_8739re自然劇場の本番、1月30日(土)は絶好の鳥見日和。部員は池に浮かぶたくさんのカモに大はしゃぎ。全員が次の劇で重要な役割を演じる鳥を感じることができた。ちょっとしたサプライズもあった。鳥にとても詳しくなった部長が「あれ何ですか?」と聞いてきた。その、鳥は昭和池では珍しいカンムリカイツブリだった。トータルで34種類の鳥を見ることができた。美しいものは心を豊かにする。私はこんな取り組みが大好きだ。野鳥観察は遊びであり、楽しみであり、勉強であり、そして表現を伸ばす大切な練習である。
◆写真

カンムリカイツブリ

コゲラ
撮影場所 久喜市昭和池 【平成22年1月30日(土)】
撮影者・斉藤俊雄

2009年9月 5日 (土)

17年前の思い出との出会い

 このところ演劇部のことをずっと書いている。まだまだ書きたいことがたくさんあるので、この後時間を見つけては書き続けたいと思っているのだが、今日は、演劇部を離れたところでの話題を紹介したい。先日、ニュージーランドからメールが届いた。17年前に担任した生徒からだ。懐かしさで一杯になった。

◆◆◆…【 】は斉藤俊雄の注。
 ずいぶんとご無沙汰していましたので覚えてらっしゃらないと思いますが【覚えています、はっきりと】、私は以前、斉藤先生が黒浜中学校で最後の年に受け持ったクラスの2年4組でお世話になりました。
 ふと、したきっかけから斉藤先生の現在の活躍を知り、とても懐かしく思い、突然失礼とは思いましたがメールを送らせていただきました。現在はオークランド市内の現地人を相手にしているお店で働いています。

 こちらでの仕事は毎日が刺激的で、かつ、未知なこともたくさん有り苦労も絶えませんがとても充実しています。自然にも大変恵まれ、食材も比較的日本に近いのでとても過ごし易いです。
 
 斉藤先生と過ごした一年間はとても刺激的で私の学生生活の中で間違いなく一番濃い(熱い!!)濃すぎて、今思い出しても鼻血が出てしまいそうな一年間で、今でもたくさんの出来事を覚えています。

 生徒の名前を始業式の次の日に全員分覚えてきたことや、コロンブスの卵の話をして、実際に【コロンブスとは違って】卵【生卵】を割らずに机の上に立てて見せたり、授業中に理科室で間寛平さんのマラソンのビデオを見せてくれたり【この年は本業の英語だけでなく、理科を教えていたため理科室が自由に使えた。見せたのはおそらく学活の時間】、マジックや縄跳び、合唱コンクールなどなど・・・

 今だから言えますが、当時、私は英語の授業が大の苦手(今でも)で斉藤先生の授業も同様に苦手だったのですが、時々授業中に話してくれた先生の経験談など、とにかく私は斉藤俊雄ワールドが大好きでした。
 先生も乗ってくると時間を忘れて話し続け、そろそろ授業を進めなければまずい、と言いつつ気づいたら休み時間になってしまったりして、いかに先生に授業をさせずに面白い話をしてもらうかばかりを、英語の授業の度に考えていたことを懐かしく思います。ごめんなさい。

 当時は、まさか将来海外で生活することになるとは思ってなかったので、もっと真剣に英語の授業を受けておけば良かったな~と日々後悔してます。
 
 当時14歳だった私も早いもので今年31歳になりました。周りの方々の理解と協力があり、未だに夢を求め新天地で走り続けてますが、50歳間近の斉藤先生の活躍、現在進行中の間寛平さんのアースマラソン・・・私の人生もまだまだ道のりは長いようです。
 あの一年間は少なからず現在の自分に影響を与えていると思います。なにせ先生の個性は強烈でしたから。常に可能性を否定せず、常に情熱的に話してくれたたくさんのお話が今でも私の中で生きています。(ただ一つ、UFOを見たって話は完全に否定されましたが・・・)
 
 あれもこれもと、たくさんの思い出が蘇りついつい長くなってしまいました。もし、ここまで読んでいただけていたらありがとうございます。
 こちらは、これから春を迎えますが日本はまだまだ暑い日が続いていると思います。暑い体育館の中で演劇の熱い指導をしている先生の姿が思い浮かびます。体調には充分お気をつけ下さい。まだオレンジ色のメガホンはお使いですか?
 斉藤先生の更なる活躍を南半球より楽しみにしております。また、先生のような方が今でも教壇に立ち続けて学生を指導していることをとてもうれしく思います。 では、失礼致します。
◆◆◆

 ネットという性格上、クラスや授業のことは極力書かないことにしている。部活のことばかり話題にしているので、私を部活重視の人と思う人もいるが、それは違う。私は部活と同様クラスでの活動も授業も大切にしている。クラスの生徒とのドラマにも授業で生まれたドラマにも話したい話がたくさん存在する。

※17年前の話なら紹介してもいいだろうということで、承諾を得て紹介させていただきました。 私は「変わる」ことを大切にしているので、取り組みはこの当時と変わっていますが、生徒と向かい合う時の熱い思いは、今も変わっていないと思っています。

最近の写真