フォト

最近のトラックバック

« モノトーンの森に惹かれる | トップページ | 第4回関東中学校演劇発表会(2015関東中学校演劇コンクール) »

2015年1月18日 (日)

第1回埼玉県中学校演劇発表会 太東中上演劇紹介

久喜市立太東中演劇部が久喜市民芸術祭に参加します。

◆開催日時 平成27年1月25日(日) 
太東中学校演劇部上演予定時間 午後3時10分頃

◆会場 久喜総合文化会館小ホール(最寄り駅・JR久喜駅)  入場無料   

◆上演作品 「Happy Birthday」(作・斉藤俊雄) 埼玉県演劇発表会 最優秀賞受賞       
            
[作品紹介&宣伝]
~Happy Birthday. お誕生日おめでとう。14年前、君は産声を上げ、歩き始め、そして走り出した。走る、Run。これから走ることを描いたドラマが走り始める。今、Runのドラマの幕が開く~
            
このようなナレーションとともに幕が上がるこのドラマは、走ることを描いた学園ドラマです。
そして、走ることを描くと同時に走らないことも描いたドラマでもあります。
また、ほのかな恋を描いたドラマでもあります。
            
このドラマはミステリーの手法で描かれます(殺人事件などは出てきませんのでご安心を)。
謎が謎を生んでいき、最後にすべての謎と「Happy Birthday」というタイトルの意味が明らかになります。
使われる音楽はすべてがジャズ。ジャズの軽快なリズムに乗って、走ることを描いたドラマは走っていきます。
小学生から大人まで楽しめる劇を目指して創りました。
            
さて、登場人物を簡単に紹介しましょう。
謎の転校生・武藤蘭、大きな秘密を抱えた松葉杖の生徒会長・野原歩美、日常をなんでも笑いにしてしまう・かりん&くるみのコンビ、謎の転校生をモデルに劇を創る・小百合、学校中の女子で走るのが一番速い演劇部員・優花、そして走るのがとんでもなく遅いけれど優花と仲がよい咲、自分たちより速く走る優花に敵対心を抱いている陸上部員たち。そんな個性たちが、走るドラマを彩っていきます。
            
たかが中学生の演劇といった先入観で見られることの多い中学校演劇ですが、昨年上演した「アトム」、そして昨年12月に上演した今回上演する「Happy Birthday」を観た多くの方々から「たかが中学生の劇と思って観に来たけれど、たかが中学生の劇ではなかった」といったような嬉しいお言葉をいただくことができました。久喜市での上演はこれが最後となります。
ぜひ観にいらしてください。

« モノトーンの森に惹かれる | トップページ | 第4回関東中学校演劇発表会(2015関東中学校演劇コンクール) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143900/61064999

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回埼玉県中学校演劇発表会 太東中上演劇紹介:

« モノトーンの森に惹かれる | トップページ | 第4回関東中学校演劇発表会(2015関東中学校演劇コンクール) »

最近の写真