フォト

最近のトラックバック

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月に作成された記事

2013年12月31日 (火)

今日まで、そしてこれからの「アトム」

 「アトム」の第1稿を配布したのは12月13日(金)、今年は例年になく早く第1稿を配ることができた。例年よりも10日早い。おかげで、余裕を持って劇に向かうことができた。

 初めての通しは12月23日(月)、56分だった。この10年で1回目の通しで60分を切ったのは初めてだ。最新作の「ふるさと」も「応援歌」も1回目の通しでは70分を超え、10分以上短くする作業に苦しんだ。脚本・「アトム」のページ数は60分の目安となる基準のページ数より4ページ多かったのでより驚きは大きかった。

 2回目が冬休み1日目の12月25日(水)。この日はリハを2学年の先生が一人観てくれた。(この日からリハーサルを、先生方への公開の形で取り組んでいる)。この日も56分台。

 3回目は12月26日(木)この日は3学年の2人の先生と10年以上前のOGが2人観てくれた。全体の8割くらいの場面で笑いが起こり、この劇はこちらが予想していた以上に笑いのとれる劇なのかなと感じた。57分台になった。

 翌日の12月27日(金)は今年最後の部活、そして最後(4回目)の通し練習となった。この日も10年以上前のOGが2人、そして2学年の先生が一人劇を見てくれた。何度も私の劇を見ているその先生が、「今まで見た斉藤先生の劇の中で一番好きです」と言ってくれ、上演した生徒は満面の笑みに。上演時間はジャスト59分だった。

 新年最初の練習となる1月4日(土)の通し練習には、やはり10年以上前のOGが4人ないし5人来てくれるようである。OGはみんな優しいのでどんな劇でも「よかったよ」と言ってくれるのだが、「よかったよ」という言葉を発する前に、感嘆のため息が出るような劇を上演したいと思う。

 この劇を通して過去の先輩と現在の部員が繋がる。これはとってもよいことだ。

2013年12月30日 (月)

「アトム」誕生

新作「アトム」がとりあえず完成した。

「アトム」はどんな物語か、一言で言えないので思いつくままに書いてみる。

「アトム」はテレビアニメ版で(当時はテレビ漫画と呼んでいた)アトムの放送が始まった1963年(昭和38年)の物語である。同時にテレビアニメ版でアトムが誕生する年として設定された2013年の物語でもある(原作の漫画での誕生は2003年)。

それはある意味において未来の物語であり、過去の物語でもあり、今の物語でもある。

ただしそれは2013年という意味での今ではない、2013年は「アトム」が上演される2014年には過去になるのだから。

「アトム」は50年前の歌謡曲で彩られた物語であり、「鉄腕アトム」のテーマソングが入り口となり出口となる物語である。

「アトム」は中学3年生の物語であり、生徒会役員達の物語でもある。中学生の淡い恋の物語であり、淡くとも熱い恋の物語でもある。そしてよくある友情の物語でもある。

いつもながらの七つ森の物語であり、広島の物語であり、沖縄の物語である。

アトムを夢見た人たちの物語であり、アトムをいまだに夢見ている人たちの物語でもある。

そしてこれはアトムとアトムの妹ウランの物語であり、アトム=原子とその原子の一つであるウランの物語でもある。そう聞くと深刻そうだと思う割には、笑い笑いで創られた物語であり、人によってはただ笑っているうちに終わってしまう物語でもある。

「アトム」お楽しみに!1月7日(火) 上演です。

2013年12月29日 (日)

2004埼玉東部地区大会

開催日 平成25年1月7日(火)
            場所 菖蒲文化会館(アミーゴ)  入場無料
             9:05          開会式
             9:20~10:15  ① 鳩ヶ谷中学校 「夜間飛行」 にしうりすいか作
            10:30~11:20  ② 古河第一中学校 「心を知らぬ君のために」 
                          江頭麻実+渡部園美(補筆)作
            11:35~12:05  ③ 聖望学園    「魔術」 斉藤俊雄・作 
            12:05~12:45   昼食
            12:45~13:35  ④ 久喜東中学校 「ロックは無用」
            13:50~14:35  ⑤ 杉戸中学校 「外の世界」 不二 南・作
            14:50~15:50  ⑥ 久喜太東中学校 「アトム」 斉藤俊雄・作
            16:05~17:05  ⑦ 久喜中学校 「青空」 斉藤俊雄・作
            17:15         閉会式  講評および審査結果発表 感想発表
 

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

最近の写真