フォト

最近のトラックバック

« 2008年の日記に思う | トップページ | 『とも』に届いた感想 »

2011年1月30日 (日)

市民芸術祭での『とも』

 久喜中演劇部全員が揃った。これが何よりうれしいことだ。

 どきどきしながらも、サッカーアジア杯決勝を見て今日の朝を迎えた。欠席の連絡はなかった。関東の予選の後も、全員揃って通せたのは2回だけ。その2回目が昨日だった。学校でインフルエンザが流行りだし、部員の後ろの席の生徒が発症して早退していたり、部員の家族の中にインフルエンザにかかっている人がいたりという状況。数日前には、予防接種を受けていた部員までが感染した。予防接種もだめか…、目の前が暗くなりかけたが…、その部員は昨日復帰し、光が見えた。

 集合の後、言った。
「今日、一番よかったことは、全員で劇ができることだ」
みんながうなずいた。

 その後、1月24日~1月26日のブログに書いた『とも』に挿入される『サンタが町にやってくる』の場面が、いかにして生まれたかを話した。この話を聞いて、涙ぐんでいる部員もいた。

 本番の舞台、「信じれば、サンタが町にやってくる」と連呼するシーンは、今までで一番よい仕上がりとなった。言葉に魂がこもっていた。

 劇が終わった後、懐かしい顔にたくさん会えた。すてきな感想にもたくさん出合えた。今すぐにでも書きたいことばかりなのだが、それ以上にしたいことがある。
 今1番したいこと。それは寝ること。それでは、おやすみなさい。

« 2008年の日記に思う | トップページ | 『とも』に届いた感想 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143900/50731657

この記事へのトラックバック一覧です: 市民芸術祭での『とも』:

« 2008年の日記に思う | トップページ | 『とも』に届いた感想 »

最近の写真