フォト

最近のトラックバック

« 『春一番』 二つで一つ | トップページ | 「七つ森」に届けられた感想 その1 »

2009年9月 5日 (土)

17年前の思い出との出会い

 このところ演劇部のことをずっと書いている。まだまだ書きたいことがたくさんあるので、この後時間を見つけては書き続けたいと思っているのだが、今日は、演劇部を離れたところでの話題を紹介したい。先日、ニュージーランドからメールが届いた。17年前に担任した生徒からだ。懐かしさで一杯になった。

◆◆◆…【 】は斉藤俊雄の注。
 ずいぶんとご無沙汰していましたので覚えてらっしゃらないと思いますが【覚えています、はっきりと】、私は以前、斉藤先生が黒浜中学校で最後の年に受け持ったクラスの2年4組でお世話になりました。
 ふと、したきっかけから斉藤先生の現在の活躍を知り、とても懐かしく思い、突然失礼とは思いましたがメールを送らせていただきました。現在はオークランド市内の現地人を相手にしているお店で働いています。

 こちらでの仕事は毎日が刺激的で、かつ、未知なこともたくさん有り苦労も絶えませんがとても充実しています。自然にも大変恵まれ、食材も比較的日本に近いのでとても過ごし易いです。
 
 斉藤先生と過ごした一年間はとても刺激的で私の学生生活の中で間違いなく一番濃い(熱い!!)濃すぎて、今思い出しても鼻血が出てしまいそうな一年間で、今でもたくさんの出来事を覚えています。

 生徒の名前を始業式の次の日に全員分覚えてきたことや、コロンブスの卵の話をして、実際に【コロンブスとは違って】卵【生卵】を割らずに机の上に立てて見せたり、授業中に理科室で間寛平さんのマラソンのビデオを見せてくれたり【この年は本業の英語だけでなく、理科を教えていたため理科室が自由に使えた。見せたのはおそらく学活の時間】、マジックや縄跳び、合唱コンクールなどなど・・・

 今だから言えますが、当時、私は英語の授業が大の苦手(今でも)で斉藤先生の授業も同様に苦手だったのですが、時々授業中に話してくれた先生の経験談など、とにかく私は斉藤俊雄ワールドが大好きでした。
 先生も乗ってくると時間を忘れて話し続け、そろそろ授業を進めなければまずい、と言いつつ気づいたら休み時間になってしまったりして、いかに先生に授業をさせずに面白い話をしてもらうかばかりを、英語の授業の度に考えていたことを懐かしく思います。ごめんなさい。

 当時は、まさか将来海外で生活することになるとは思ってなかったので、もっと真剣に英語の授業を受けておけば良かったな~と日々後悔してます。
 
 当時14歳だった私も早いもので今年31歳になりました。周りの方々の理解と協力があり、未だに夢を求め新天地で走り続けてますが、50歳間近の斉藤先生の活躍、現在進行中の間寛平さんのアースマラソン・・・私の人生もまだまだ道のりは長いようです。
 あの一年間は少なからず現在の自分に影響を与えていると思います。なにせ先生の個性は強烈でしたから。常に可能性を否定せず、常に情熱的に話してくれたたくさんのお話が今でも私の中で生きています。(ただ一つ、UFOを見たって話は完全に否定されましたが・・・)
 
 あれもこれもと、たくさんの思い出が蘇りついつい長くなってしまいました。もし、ここまで読んでいただけていたらありがとうございます。
 こちらは、これから春を迎えますが日本はまだまだ暑い日が続いていると思います。暑い体育館の中で演劇の熱い指導をしている先生の姿が思い浮かびます。体調には充分お気をつけ下さい。まだオレンジ色のメガホンはお使いですか?
 斉藤先生の更なる活躍を南半球より楽しみにしております。また、先生のような方が今でも教壇に立ち続けて学生を指導していることをとてもうれしく思います。 では、失礼致します。
◆◆◆

 ネットという性格上、クラスや授業のことは極力書かないことにしている。部活のことばかり話題にしているので、私を部活重視の人と思う人もいるが、それは違う。私は部活と同様クラスでの活動も授業も大切にしている。クラスの生徒とのドラマにも授業で生まれたドラマにも話したい話がたくさん存在する。

※17年前の話なら紹介してもいいだろうということで、承諾を得て紹介させていただきました。 私は「変わる」ことを大切にしているので、取り組みはこの当時と変わっていますが、生徒と向かい合う時の熱い思いは、今も変わっていないと思っています。

« 『春一番』 二つで一つ | トップページ | 「七つ森」に届けられた感想 その1 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143900/46130986

この記事へのトラックバック一覧です: 17年前の思い出との出会い:

« 『春一番』 二つで一つ | トップページ | 「七つ森」に届けられた感想 その1 »

最近の写真