フォト

最近のトラックバック

« 全劇研~「春一番」に寄せられた感想の数々~ | トップページ | 『春一番』 本当の涙がこぼれる理由のひとつ »

2009年8月31日 (月)

『春一番』  オオルリとカワセミ

 この夏は2つの「春一番」を上演した、7月26日(日)の埼玉東部・茨城夏季演劇発表会と8月1日(土)の第58回全国演劇教育研修会での上演である。私たちは二つのグループを作りそれぞれのグループに名前をつけた。命名者は私。私がつけた名前はオオルリとカワセミ。どちらが好きと聞かれても、どちらとはいうことができないくらい大好きな青い鳥の名前である(私は鳥が大・大・大好きである。また「春一番」の中にメーテルリンク作「青い鳥」がちょっと登場する)。AとかBではなく、どちらにも、大好きで大好きで仕方がないという感じられる名前がつけたかった。
 全員がどちらのグループにも所属するのだが、オオルリで台詞の多い役を演じる生徒はカワセミでは脇役にまわり、カワセミで台詞の多い役を演じる生徒はオオルリで脇を演じる。2年生以上は全員が2つの役を演じることになった。
 練習は同時展開で2つの教室で行った。しかし、通し練習は最初の1回を除いて、全てお互いの演技を見合った。今年は「春一番」とともに「夏休み」という劇も練習していたので、少しでも多くの時間がほしかった。しかし、お互いの劇を見合うことを子どもたちは希望した。私はそれが嬉しかった。互いの劇に刺激を請け合い、よいところは取り入れ、それでいてそれぞれの違いも大切にした。オオルリの通し練習ではカワセミが笑い、泣き、カワセミの通し練習ではオオルリが笑い、泣いた。
 嬉しかったのは、入部したての頃は先輩の劇を観て笑うことはあっても、泣くということがほとんどなかった1年生部員が、よく泣くようになったことである。先輩たちとの毎日の練習を通して、感情が豊かになったのだと感じた。この仲間たちの中では思いっきり泣いても恥ずかしくないんだよという、涙をこらえなくてもよい雰囲気も生まれたのだと思った。

 昨日のブログの最後に紹介した感想を読んで、8月1日も部員たちは涙を流して仲間の劇を見守ったことを知った(私は照明にずっとついていたので観客席から劇を観ることはできなかった)。感想を読んで嬉しかった。なんとなく、誇らしい気持ちになった。親ばかならぬ、顧問ばかかもしれないけれど、そんな気持ちになった。

« 全劇研~「春一番」に寄せられた感想の数々~ | トップページ | 『春一番』 本当の涙がこぼれる理由のひとつ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143900/46070948

この記事へのトラックバック一覧です: 『春一番』  オオルリとカワセミ:

« 全劇研~「春一番」に寄せられた感想の数々~ | トップページ | 『春一番』 本当の涙がこぼれる理由のひとつ »

最近の写真