フォト

最近のトラックバック

« 2008年6月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年1月に作成された記事

2009年1月31日 (土)

『ザネリ』はどんな物語なのか ~カットした台詞から~

 『ザネリ』がどんな作品かということについて書こうと思うが、それをまとめるだけの時間がない。そこで、上演の直前にカットした台詞を紹介したいと思う。この台詞を読むと、『ザネリ』がどんな話なのか、少しわかるのではないかと思う。カットしたのは、『銀河鉄道の夜』でザネリを演じることになった隼人という少年に、姉の舞が、現在一緒に暮らしていない兄について語る台詞である。

舞  (昔を思い出して)小学生の時『タッチ』って野球漫画、人気あって、私大好きだった。双子の和也と竜也って少年の物語。物語の途中で甲子園を目の前にした弟の和也が男の子を助けて交通事故で死んじゃうんだけど、私、テレビのそのシーンで悲しくて、悲しくて、わんわん泣いてたのね。その隣で、ぼそって言うんだ。「助けられた男の子つらいな」って。「これ背負ってどうやって生きていけばいいんだ」って。感動が、すーってひいていくんだよね。「私せっかく感動に浸っているのに、この感動を壊さないでよ」って感じ。
あの頃は、お兄ちゃんのそういうところが嫌いだった。きっとまわりからも嫌われてたんじゃないかな。

 『ザネリ』はカムパネルラの死を背負って生きることとなるザネリと、隼人という少年の人生を重ね合わせて描いた作品だ。私は自らの命を投げ出して人を助けた側ではなく、助けられた側を描きたいと思った。しかし、いざ描き出すと、その現実はあまりにも重く苦しいものだった。

 死んでしまった人が生きている人に会いに来る物語がある。生きている人が死んでいる人に会いに行く物語がある。『ザネリ』はそのような物語に連なることを拒んで作られた物語である。

 物語の世界では、死んでしまった人がこの世に現れたり、生きている人が生きたままあの世に行く話がリアリティーを持てる。だが、私は、それらを封じた状況で、少年が救いを見いだす物語を創りたかった。しかし、そのような状況で、少年が救いを見いだすことにリアリティーを持たせることは、困難を極めた。漫画『タッチ』で和也に助けられた少年の物語では、私は救いを描くことはできなかったのだ。

 ただ、私は救いのない現実を描くということはできなかった。作品がエンターテイメントであることにもこだわりたかった。そのことでリアリティーが幾分失われることがあっても。『ザネリ』が関東でどんな反応と出会うことになるのか、楽しみである。

◆幻の森通信・目次 →ここをクリック

◆ホームページ→幻の森

2009年1月30日 (金)

『ザネリ』 届けられたアンケート

 東部地区の冬の大会で一緒に上演を行った茨城県の古河一中演劇部から『ザネリ』の感想が届けられました。とってもすてきな感想だったので、そのうちの二つをここで紹介することにしました。

全体的にすごくきれいに仕上がっているなと思いました。幕開きのストップモーションが誰もが止まっていてすごかったです。途中から涙がこらえられなくなって、泣いちゃいました。ラストシーンがとてもきれいで、涙が止まらなかったです。すごく感動しました。

とにかく感動しました。みなさんの演技にずっと圧倒されてました。みなさんがすごく伝えようとしたことに、涙が止まりませんでした。最後、ザネリがカムパネルラのことを呼んでいる時、すごく情熱が伝わってきました。

全員の感想の共通点は、劇を観て泣いてしまったということでした。テレビドラマによくある、一般的な号泣ものとは絶対に違う劇であるはずなのですが…、でもやっぱり嬉しいですね。

◆幻の森通信・目次 →ここをクリック

◆ホームページ→幻の森

2009年1月11日 (日)

『ザネリ』 関東中学校演劇コンクールへ

 今日、2009・冬期埼玉東部地区・茨城中学校演劇発表会で『ザネリ』を上演しました。あたたかい観客のあたたかい反応に包まれ、満足のいく上演ができました。アンケートを四つ紹介したいと思います。

世界観がすごい!感動しました(泣)。やはり久喜中さんの演劇はすごいと思いました。斉藤俊雄先生の脚本がとても大好きです。これからもがんばってください。
(隣の学校の演劇部 OB)

相変わらずのレベルの高さに吃驚しました。役者の人たちの感情移入の仕方が、中学生離れしていますね…。でも、それでいて中学生らしい感じもあり、素晴らしい劇だったと思います。号泣してしまいました。斉藤先生の脚本、大好きです。お疲れ様でした。
(隣の学校の演劇部 OB)

すごく感動しました。私は一番、ザネリの役になってみたくなりました。「もう一つの銀河鉄道の夜」のお話を隼人君のお姉さんの舞さんが読んでいるところと、最後のシーンのところで涙がポロポロ出てきて、すごく感動してしまいました。
(久喜市内の小学生)

すごくよかったです。発声もいいし、内容もいい。うちの子供がすごく泣いていて、かなり響いたようです。また是非、みに行きます!
(久喜市内主婦)

 上演を終えた会場で、涙を拭いている方をたくさんたくさん見ることができました。『ザネリ』は、号泣を売りにするような作品ではないのですが、でも号泣してくれる観客の存在は嬉しいですね。幅広い層から、感動したという声が届いたことも嬉しいことです。
 久喜中学校演劇部は関東中学校演劇コンクール出場の切符を手にすることができました。

◆幻の森通信・目次 →ここをクリック

◆ホームページ→幻の森

2009年1月 8日 (木)

『ザネリ』 部長からの手紙

 今日は職員会議のため、部活に出られない。生徒だけで通し練習を行った。どんな練習だったかが書かれた部長からの手紙が机の上に置いてあった。それは次のような内容だった。※( )は私が説明のため書き足した部分。

◆通しは全体的に集中してできました。暗転での出入りが遅れたり、オープニングのところで音楽と合わないなどありましたが、ほとんど大丈夫でした。
けんかのシーンは怪我せずに安全にできました。途中で台詞が抜けてしまったり、間違えたところもありましたが、その相手が上手にカバーしてくれて、その間違えた人も(間違えたことを)自分でわかっているので、家で練習してくるので大丈夫です。
最後のシーンでは、みんな目が潤んで数人は泣くこともできよかったと思います。今日の部活で心配なことはありません。◆

 私は部員を全面的に信頼し、部員も私に全面的に信頼されていることを意気に感じてくれる。この信頼関係なくして、部員だけのリハーサルはあり得ない。自分たちでリハーサルの緊張した雰囲気をしっかり作り出し、ラストでは自分たちだけで泣ける状況を生み出してしまう。今年もまたすてきな集団になってくれたねと思う。これでまたほめることが増えた。
 ずっとずっと自分たちでいかに劇を創るかの練習を積み重ねてきたことの成果が、ここになって生きるのだと感じる。普段から台詞の間違いよりも、間違いをいかにフォローするかに重点を置いて取り組んでいることも、今生きていると感じる。人間誰もが間違いはある。自分も間違いだらけの人間である。だから間違いにはとても寛容になれる。誰かが間違えたら、みんなでカバーすればいい。

◆幻の森通信・目次 →ここをクリック

◆ホームページ→幻の森

2009年1月 7日 (水)

『ザネリ』 2009年1月4日~1月7日の部活

 1月4日(日)は2009年の最初の部活となった。そして、『ザネリ』の最初の通し練習が行われた。台本を渡して6回目の部活であるのに、とりあえずスムーズに流れてしまった。私は十分満足したが、部員は全然満足していない。私はそのことも含めて満足だった。この日の部活は部員13人全員が揃った。
 1月5日(月)。2回目の通し練習を行った。この日は保護者の方とその幼稚園の娘さん、そしてOG3名が観に来てくれた。保護者とOGの4人はラストでみんな涙を流してくれた。『ザネリ』は宮澤賢治の『銀河鉄道の夜』がモチーフの一つとなっているのだが、『銀河鉄道の夜』を読んでいなくても、話の内容が理解でき、感動もできたというOGの話に、心配事の一つが解消された気がした。
 1月6日(火)。3回目の通し練習を行った。最初はみんな大泣きしてたラストシーンだが、私の予言通り、誰も泣けなくなった。これは毎回起こることなのだが、慣れてしまうのだ。毎回、起こることだが、毎回、みんなが克服してくれることでもあるので、今回もみんな克服してくれると思っている。
 1月7日(水)。4回目の通し練習を行った。一昨日来てくれた保護者とその幼稚園の娘さんがまた観に来てくれた。なんと、一昨日『ザネリ』を観てから、「また観に行きたい」とねだっていたそうである。内容はけっこう難しいとも思えるのだが、面白いと感じてくれることに作者として驚いている。劇で使われる台詞を覚えていて、家の中で言っているという。幼稚園の娘さんにも、面白いと思ってもらえるということはかなり嬉しいことだ。更に、受験を目の前にした3年生2人と3年生の保護者が観に来てくれた。私の新作ということで、どうしても観たかったのだという。今回の収穫は途中、笑いが起こったということ。確かに笑いが起こってもいい場面はあるが、笑いを強要するような演出をしていないため、部員には「笑いはきっと起きないよ」などと言っていた。それだけに、今日の笑いは嬉しいものだった。今日はラストシーンで泣ける部員がたくさんいて、劇が引き締まった。

◆幻の森通信・目次 →ここをクリック

◆ホームページ→幻の森

2009年1月 6日 (火)

『ザネリ』 初稿完成から2008年最後の部活まで

  昨年の12月20日(土)のことを書こう。この日の午前中、『ザネリ』の初稿がようやく完成した。学校でそれを印刷して、部員に配った。静けさが、部室を支配していた。怖かった。子どもたちの反応がとても怖かった。最初に鼻をすすりだしたのは一年生だった、次に鼻をすすりだしたのも一年生だった。そして、静けさの中、鼻をすする音がさざ波のように拡がっていった。
 最初に泣いたのが一年生というのが、嬉しかった。二年生は、昨年のことを記憶している。昨年『春一番』を初めてみんなで読んだ時、部長が泣いたことを記憶している。そして、その部長が、読み終えた後、私のところに歩いてきて深々と頭を下げ、「ありがとうございました」と言ったことを記憶している。私は今年の二年生が、同じことを演出しなければいけないという思いに縛られているのではないかということを心配していた。だから、昨年いなかった、昨年の記憶に縛られていない一年生が泣き出したということが嬉しかった。
 部員たちはこの物語を気に入ってくれたようだ。その後行ったラストシーンの練習では演じているものも、観ているものも大泣きに泣いた。感動という点では、満足のいく作品となったと思う。ただ、笑いは起きない可能性が高い。最近の自分はそれでいいと思っているのだが。

 12月23日(火)に保護者会があった。保護者会終了後、オープニングとラストシーンを保護者に紹介した。途中の物語がないのに、何人かの保護者は涙を流していた。
 12月25日(木)は2008年最後の部活となった。この日、第1回の通し練習を行う予定であった。しかし、通し練習までたどり着けなかった。12月後半からウィルス性胃腸炎が流行り、3人の部員が出席停止となり、部員全員が揃うことは一度もなかった。私は、必ず全員を舞台に上げるので、通し練習は諦めるしかなかった。通し練習は新年・1月4日(日)の練習までお預けということになった。本番は1月11日(日)…(続く)

◆幻の森通信・目次 →ここをクリック

◆ホームページ→幻の森

2009年1月 3日 (土)

2009・冬期埼玉東部地区・茨城中学校演劇発表会

2009・冬期埼玉東部地区・茨城中学校演劇発表会の実施要項が決定しましたのでおしらせします。

◆日時 2009年1月11日(日) 9時15分~17時
◆場所 杉戸西公民館 (東武日光線・杉戸高野台駅下車 徒歩およそ10分)
  ※杉戸西公民館住所  埼玉県北葛飾郡杉戸町高野台西3-3-1
入場無料(駐車場の数に限りがありますので、できるだけ電車を使っていらしてください)

 9:15~ 9:20 開会式
 9:30~10:30 鳩ヶ谷中 「ぐだふたぬん あんど めりいくりすます」
                            (菅原貴人・作)
10:40~11:40 古河一中 「コンクリートフーガ」(紗乃みなみ・作)

   昼食

12:20~13:20 太東中 「桜井家の掟」(阿部 順・作)
13:30~14:30 久喜中 「ザネリ」(斉藤俊雄・作)
14:40~15:40 久喜東中「七人の部長」(越智 優・作)

   閉会式

※なお、この発表会は2009関東中学校演劇コンクールの予選を兼ねています。

◆幻の森通信・目次 →ここをクリック

◆ホームページ→幻の森

 

« 2008年6月 | トップページ | 2009年4月 »

最近の写真