フォト

最近のトラックバック

« 沼田市での講演 「演劇を用いた青少年育成事業に対する理解と意識向上」 | トップページ | 関東中学校演劇コンクールでの『春一番』 感想の紹介その2 »

2008年4月29日 (火)

関東中学校演劇コンクールでの『春一番』 感想の紹介その1

 関東演劇コンクールが終了して2ヶ月がたとうとしています。学校の屋上から「祝・関東大会最優秀賞 演劇部」という垂れ幕がかけられました。

 さて、次の劇へと向かう前に、関東演劇コンクールで上演した『春一番』を見つめ直してみたいと思います。今日は、私がブログで見つけた感想を紹介します。感想を書いたのは以前私が立ち上げた劇集団・幻の森に参加したメンバーです。


さて、今日も関東中学校演劇コンクールに行ってきました☆2日目の今日も、様々なジャンルの作品が繰り広げられました。中学校演劇が、少しずつ進化していると、今日も感じました。

最優秀賞は、久喜中学校『春一番』。久喜中学校といえば、斉藤先生です。
毎回斉藤先生のマジックで、心がほんわかしているあたしですが、今回はもう、なんというか脱帽でした。恐れ入りました、と言うのが本当に素直な感想です。

最優秀賞と優秀賞の違いを探すなら、まさに斉藤マジック。演じている者たちが、どれだけそこ(舞台上)で生きられるか。その世界を本気で信じて、本気で生きること。それが、決定的な違いだと思います。

登場人物達の心が大きく揺れ動く時、観客の心も大きく揺れ動きます。それが普通です。
でも、『春一番』は違いました。
登場人物たちの心に、誰かの優しさとか、愛とか、そんなあったかいものが流れて染みている時に、演じている人たちの心にも染みていて、それが観客にも染みてくる。

大きく揺れ動いて涙を流すのは簡単です。心に染みて、染みて染みて涙を流す。大きな事件が起きているわけでもなく、誰かが死んだわけでもない。ただ、誰かのあったかいところに触れた。それだけで、人は涙を流すんですね。
あたしの心にも、春一番。優しく吹きました。

 「心に染みて」の繰り返しが、私の心にも染みてきました。そう、私たちは熱演という言葉で表現されるような舞台ではなく、ただ心に染みる舞台を創り出したかったんです。

◆幻の森通信・目次 →ここをクリック

◆ホームページ→幻の森

« 沼田市での講演 「演劇を用いた青少年育成事業に対する理解と意識向上」 | トップページ | 関東中学校演劇コンクールでの『春一番』 感想の紹介その2 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143900/41035540

この記事へのトラックバック一覧です: 関東中学校演劇コンクールでの『春一番』 感想の紹介その1:

« 沼田市での講演 「演劇を用いた青少年育成事業に対する理解と意識向上」 | トップページ | 関東中学校演劇コンクールでの『春一番』 感想の紹介その2 »

最近の写真