フォト

最近のトラックバック

« 『春一番』 市民芸術祭を終えて | トップページ | 沼田市での講演 「演劇を用いた青少年育成事業に対する理解と意識向上」 »

2008年2月26日 (火)

暴風の日光

 先週は、体調が悪く何とか仕事場に出かけるという状況だったが。週末に体調が戻ってきたため、どこかに行きたくて仕方がなくなった。
 ということで2月24日(日)、強風の中、日光に出かけた。
 雪の中の鳥の写真を撮ろうと思った。それと、集中して英語の学習をしたいと思った。
東武日光線の快速に乗って、いざ日光へ。
 電車の中というのは学習に集中できる場所である。学習は大変はかどった。途中、強風による倒木のため今市市の手前で列車が30分近く停車した。しかし、学習に集中しているため、停車時間は気にならなかった。予定より、30分遅れて、日光に到着した。その時点では、杉並木が倒壊するほどの強風が吹き荒れていたということは知らなかった。バスで奥日光まで行こうかとも考えたが、列車が遅れたことと、6時までに戻らなければならない用事があることから、小倉山周辺を歩くことにした。小倉山周辺の遊歩道は、風で飛ばされた枝が折り重なっていた。さすがに、これはちょっと危険かもしれないという思いが頭をよぎる。鳥も風に飛ばされ、写真を撮るような状況ではなかった。が、そんな状況も面白いと写真を撮ろうとしたが、自分までも飛ばされそうで、鳥にピントを合わせるどころではなかった。
 このようなところに長居は禁物と、早々に引き上げることにした。そして…、駅に着くと東武線は全面ストップ。復旧のめどは立たないという放送が流れていた。JR日光線の振り替え運転が行われているというので、JR日光駅に向かった。JRにも遅れが出ていたが、なんとかかんとか自宅にたどり着くことができた。最近は、このような状況にもいらいらしないで済むようになった。列車が動かないことにいらいらするかわりに、列車が動かないことで集中して学習できる時間が増えたと考える。列車や駅の待合室というのは本当に集中のできる場所である。先日は、あまり集中しすぎて、目の前に到着した列車に気がつかず、更に1時間次の列車を待つという嬉しい状況を生み出したりもした。
 夜のニュースで強風がもたらした惨状を見て、ちょっと日光にでもというのが、危険と隣り合わせの軽率な行動だったと認識した。 妻は東武野田線を使いさいたま市まで出かけようとしたが、強風と沿線火災で線路上で途中下車を余儀なくされるという体験をしたようだ。
 落ちはというと、まっ、二人とも無事でよかったということです。

 撮れた写真は自宅近くでも見られる鳥ばかり。それはそれでいいのだが、わざわざ強風の中、日光に来たのだから……。下のようなコゲラの写真が撮れた。

Img_2931

◆幻の森通信・目次 →ここをクリック

◆ホームページ→幻の森

« 『春一番』 市民芸術祭を終えて | トップページ | 沼田市での講演 「演劇を用いた青少年育成事業に対する理解と意識向上」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143900/40282391

この記事へのトラックバック一覧です: 暴風の日光:

« 『春一番』 市民芸術祭を終えて | トップページ | 沼田市での講演 「演劇を用いた青少年育成事業に対する理解と意識向上」 »

最近の写真