フォト

最近のトラックバック

« 『武満徹対談集』を読んで 長生きする劇について考える | トップページ | 『春一番』 市民芸術祭を終えて »

2008年2月 3日 (日)

学び ~たとえば四万温泉で~

Img_2434_3   よい仕事をするためには勉強をしなければならない。常に勉強をしなければならない。ただ、その勉強が狭い範囲に限定されるようではいけない。旅行も行かずに勉強するのではなく、旅行に行きながら勉強する必要がある。旅行に行ったときまで勉強しなくても…、という言葉はあまり意味がない。私にとっては旅も学びの一つであり、旅先の方が学びが捗るという事実もあるからである。特に創作に関しては、旅は最も有効な手段の一つであり、多くの文豪が旅を愛したことも、それと無縁ではない。

 1月19日(土)から20日(日)に妻と二人で四万温泉に出かけた。今回は温泉三昧、料理三昧、勉強三昧が目的。行きの列車はひたすら読書。「脳を活かす勉強法~奇跡の強化学習~」(茂木健一郎)を一気に読み、読了。続いて、「風が強く吹いている」(三浦しをん)を読み始める。

 宿泊場所は四万たむら。ちょっと贅沢な旅館である。とにかく温泉の種類が多く楽しめる。旅館は2時から部屋に入ることができた。すぐに温泉に向かう。そして、もどってからは英語の勉強。脚本作りのため休んでいた、NHKの英会話上級を11月号から2月号までの4ヶ月分一気に読む。頭が疲れたところで再び温泉を楽しむ。入浴後は今度は、脚本の直し。2月10日の市民芸術祭、そして関東に向けて練り直しをする。60分以内という時間制限があるため、10分短くしなければならない。ある程度目鼻がついたところで食事。食事は部屋出し懐石。美味である。 

 食事後は読書と英語の勉強。眠くなったところですぐ夢の世界へ。温泉暖房で夜も快適。
 翌朝は5時に起き、すぐに温泉へ。その後、朝食まで読書。「風が強く吹いている」(三浦しをん)を読み進める。ただ、あまり心が動かない。物語が万引きで始まることが私の心を動かなくさせている。
 チェックアウトは11時。ここの時までに脚本直しが完成する。帰りの列車では「MISSING」( 本多孝好)に収録されている、「祈りの海」と「祈灯」を読む。読書に飽きたら、英語の学習をする。

 私は白州次郎の「贅沢に磨きをかけなければいけない」という言葉が好きだ。高級旅館に泊まるというだけの贅沢などではない。そこで学び、創作する贅沢。そんな自分に磨きをかける贅沢をしていきたい。

◆幻の森通信・目次 →ここをクリック

◆ホームページ→幻の森

« 『武満徹対談集』を読んで 長生きする劇について考える | トップページ | 『春一番』 市民芸術祭を終えて »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143900/17941495

この記事へのトラックバック一覧です: 学び ~たとえば四万温泉で~:

« 『武満徹対談集』を読んで 長生きする劇について考える | トップページ | 『春一番』 市民芸術祭を終えて »

最近の写真