フォト

最近のトラックバック

« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年2月に作成された記事

2008年2月26日 (火)

暴風の日光

 先週は、体調が悪く何とか仕事場に出かけるという状況だったが。週末に体調が戻ってきたため、どこかに行きたくて仕方がなくなった。
 ということで2月24日(日)、強風の中、日光に出かけた。
 雪の中の鳥の写真を撮ろうと思った。それと、集中して英語の学習をしたいと思った。
東武日光線の快速に乗って、いざ日光へ。
 電車の中というのは学習に集中できる場所である。学習は大変はかどった。途中、強風による倒木のため今市市の手前で列車が30分近く停車した。しかし、学習に集中しているため、停車時間は気にならなかった。予定より、30分遅れて、日光に到着した。その時点では、杉並木が倒壊するほどの強風が吹き荒れていたということは知らなかった。バスで奥日光まで行こうかとも考えたが、列車が遅れたことと、6時までに戻らなければならない用事があることから、小倉山周辺を歩くことにした。小倉山周辺の遊歩道は、風で飛ばされた枝が折り重なっていた。さすがに、これはちょっと危険かもしれないという思いが頭をよぎる。鳥も風に飛ばされ、写真を撮るような状況ではなかった。が、そんな状況も面白いと写真を撮ろうとしたが、自分までも飛ばされそうで、鳥にピントを合わせるどころではなかった。
 このようなところに長居は禁物と、早々に引き上げることにした。そして…、駅に着くと東武線は全面ストップ。復旧のめどは立たないという放送が流れていた。JR日光線の振り替え運転が行われているというので、JR日光駅に向かった。JRにも遅れが出ていたが、なんとかかんとか自宅にたどり着くことができた。最近は、このような状況にもいらいらしないで済むようになった。列車が動かないことにいらいらするかわりに、列車が動かないことで集中して学習できる時間が増えたと考える。列車や駅の待合室というのは本当に集中のできる場所である。先日は、あまり集中しすぎて、目の前に到着した列車に気がつかず、更に1時間次の列車を待つという嬉しい状況を生み出したりもした。
 夜のニュースで強風がもたらした惨状を見て、ちょっと日光にでもというのが、危険と隣り合わせの軽率な行動だったと認識した。 妻は東武野田線を使いさいたま市まで出かけようとしたが、強風と沿線火災で線路上で途中下車を余儀なくされるという体験をしたようだ。
 落ちはというと、まっ、二人とも無事でよかったということです。

 撮れた写真は自宅近くでも見られる鳥ばかり。それはそれでいいのだが、わざわざ強風の中、日光に来たのだから……。下のようなコゲラの写真が撮れた。

Img_2931

◆幻の森通信・目次 →ここをクリック

◆ホームページ→幻の森

2008年2月23日 (土)

『春一番』 市民芸術祭を終えて

 2月10日(日)市民芸術祭が無事終了しました。9日(土)のリハーサルを含め、すてきな2日間でした。リハーサルでは舞台の方から素晴らしい劇との評価をいただきました。以前、私の劇の照明を担当してくださった方が私の劇のリハーサルを観に来てくれました。その方は劇の途中、涙を流し、劇が終わった後は絶賛してくれました。関東も観に来たいとのこと、うれしい限りです。
 そして本番。舞台と客席が一体となっていることを感じることができました。横浜からわざわざみにきてくださった先生からすてきな感想をいただきました。

久喜中生からのアンケートにもすてきな言葉が書かれていました。そのうちの一つを紹介します。

一度、久喜中で『降るような星空』を見せていただいたので、今回の劇もきっと感動させてくれるのだろうと期待していました。母と一緒に見に行きましたが、母も感動したといっていました。笑えるところは、ものすごく笑ったし、泣けるところはボロボロ泣いてしまいました。私が今3年だからということと関係があるかもしれませんが、目の前に迫ってきている「卒業」や「受験」といった話が、身近に感じられました。台詞一つ一つが繊細で、強がっているけれど、心のもろさというか弱さとか、たくさん色々なことが交錯して、舞台に釘付けになりました。帰るとき見た(みなさんの)劇をやりきったというすがすがしい表情と「ありがとうございました」という声になんだかいいなぁと思いました。今回は楽しい時間をありがとうございました。

 昨日は、長崎県の学校で私の劇を上演してくれている先生から電話がありました。なんと長崎から関東大会で上演する私たちの劇を観に来てくださるということです。長崎からはるばる来てよかったと思えるような、そんな劇を上演したいと思います。

◆幻の森通信・目次 →ここをクリック

◆ホームページ→幻の森

2008年2月 3日 (日)

学び ~たとえば四万温泉で~

Img_2434_3   よい仕事をするためには勉強をしなければならない。常に勉強をしなければならない。ただ、その勉強が狭い範囲に限定されるようではいけない。旅行も行かずに勉強するのではなく、旅行に行きながら勉強する必要がある。旅行に行ったときまで勉強しなくても…、という言葉はあまり意味がない。私にとっては旅も学びの一つであり、旅先の方が学びが捗るという事実もあるからである。特に創作に関しては、旅は最も有効な手段の一つであり、多くの文豪が旅を愛したことも、それと無縁ではない。

 1月19日(土)から20日(日)に妻と二人で四万温泉に出かけた。今回は温泉三昧、料理三昧、勉強三昧が目的。行きの列車はひたすら読書。「脳を活かす勉強法~奇跡の強化学習~」(茂木健一郎)を一気に読み、読了。続いて、「風が強く吹いている」(三浦しをん)を読み始める。

 宿泊場所は四万たむら。ちょっと贅沢な旅館である。とにかく温泉の種類が多く楽しめる。旅館は2時から部屋に入ることができた。すぐに温泉に向かう。そして、もどってからは英語の勉強。脚本作りのため休んでいた、NHKの英会話上級を11月号から2月号までの4ヶ月分一気に読む。頭が疲れたところで再び温泉を楽しむ。入浴後は今度は、脚本の直し。2月10日の市民芸術祭、そして関東に向けて練り直しをする。60分以内という時間制限があるため、10分短くしなければならない。ある程度目鼻がついたところで食事。食事は部屋出し懐石。美味である。 

 食事後は読書と英語の勉強。眠くなったところですぐ夢の世界へ。温泉暖房で夜も快適。
 翌朝は5時に起き、すぐに温泉へ。その後、朝食まで読書。「風が強く吹いている」(三浦しをん)を読み進める。ただ、あまり心が動かない。物語が万引きで始まることが私の心を動かなくさせている。
 チェックアウトは11時。ここの時までに脚本直しが完成する。帰りの列車では「MISSING」( 本多孝好)に収録されている、「祈りの海」と「祈灯」を読む。読書に飽きたら、英語の学習をする。

 私は白州次郎の「贅沢に磨きをかけなければいけない」という言葉が好きだ。高級旅館に泊まるというだけの贅沢などではない。そこで学び、創作する贅沢。そんな自分に磨きをかける贅沢をしていきたい。

◆幻の森通信・目次 →ここをクリック

◆ホームページ→幻の森

« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »

最近の写真