フォト

最近のトラックバック

« 回顧2007 演劇4 宝塚花組・春野寿美礼 | トップページ | 回顧2007 人生で一番英語を学んだ一年 »

2008年1月23日 (水)

回顧2007 心に残ったTV番組 ハゲタカ、点と線…

2007年のTV番組で心に残ったものをあげてみよう。

「ハゲタカ」
 面白かった。これほど次回の放送が待たれるTVドラマが今までどれだけあったろうか。高校時代から経済が嫌いな私は、真山仁の経済小説が原作であるこのドラマを見ることを初めは躊躇したのであるが、読売新聞紙上で激賞されていたので、とりあえずという気持ちで見た。見始めてすぐ、「とりあえず」という気持ちは消えてなくなった。
 予定調和的にドラマが進まない。そのために次がどうなるのか読めない。善と悪が見方によって変わる。ある人は別のある人にとっては善、しかし更に別のある人にとっては悪。勧善懲悪とは対極にありながら、ピカレスクロマンといった悪の物語ではない。善悪を超えたところで人間の魅力が胸に迫ってくるドラマであった。芸術でありエンターテイメントでもある。テレビ番組での最高の栄誉であるイタリア賞を受賞したことに驚きはない。当然だと思う。
 
 日本のテレビドラマのイタリア賞受賞は27年ぶりである。前回の受賞は、『四季~ユートピアノ~』(1980年の受賞作 構成・演出:佐々木昭一郎)。確かにこの作品も素晴らしかった。佐々木昭一郎は私が一番好きなTV演出家。語り出すと止まらないくらい…。そんな彼の作品と肩を並べる作品がこの国に現れるとは(あくまでも賞の上での話だが)。生きているとよいことがある。

「点と線」テレビ朝日開局50周年記念ドラマスペシャル
 松本清張の推理ドラマは、謎解きの素晴らしさは言を俟たないが、人間の描き方も実に見事である。巨悪に立ち向かう一刑事の物語という見方もできるが、単なる勧善懲悪ものではなく、巨悪に属する人たちも実に丁寧にかつ魅力的に描かれていた。原作よし。竹山洋の脚本よし。石橋冠の演出よし。役者はみな達者。前・後編に別れる超大作であったが、時間が経つのを忘れて見た。

「ハイビジョン特集 ファーブル昆虫記 ~南仏・愛しき小宇宙~」
 私の大好きな「ファーブル昆虫記」。その世界をこんなにすてきな映像で見せてくれる番組ができるとは。NHKハイビジョンに感謝。

「数学者はキノコ狩りの夢を見る~ポアンカレ予想・100年の格闘」
 ポアンカレ予想を証明するまでの数学者の格闘、それを解いたペレリマンの人生が描かれる。数学のノーベル賞と呼ばれるフィールズ賞を辞退したあと、彼は人とのつきあいを断って故郷の森でキノコ狩りをしているという。これもNHKハイビジョンの放送。NHKハイビジョン万歳。

 連続ドラマはまず見ない。この1年で見たのは『ガリレオ』だけ。原作者が東野圭吾であることに惹かれ、勢いで見てしまった。心に残る作品ではなかったが、録画して食事をしながら見るには「実に面白い」。そうそうずっと見続けている番組は今年も健在だった。それは『迷宮美術館』。昨日放送されたルネ・ラリックの特集もよかった。

◆幻の森通信・目次 →ここをクリック

◆ホームページ→幻の森

« 回顧2007 演劇4 宝塚花組・春野寿美礼 | トップページ | 回顧2007 人生で一番英語を学んだ一年 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143900/17788089

この記事へのトラックバック一覧です: 回顧2007 心に残ったTV番組 ハゲタカ、点と線…:

« 回顧2007 演劇4 宝塚花組・春野寿美礼 | トップページ | 回顧2007 人生で一番英語を学んだ一年 »

最近の写真