フォト

最近のトラックバック

« 回顧2007 人生で一番英語を学んだ一年 | トップページ | 『春一番』に寄せられた感想 その2 »

2008年1月25日 (金)

回顧2007 旅

昨年の一年間の旅を記録してみた。★は登山、○はハイキング、自然観察。

1月
  ○六義園~明治神宮(東京) 
     ルリビタキ♀、オシドリを観察
2月
  ○小淵沢(山梨) 
     ミヤマホオジロとオオマシコの写真が撮れた。
  ○上野不忍池(東京)
     カモとカモメを楽しんだ後オルセー美術館展に。
  ○葛西臨海公園(東京)
     タシギなど。
  ○多々良沼(群馬)  
     オオタカ、ハクチョウ3種、ミサゴを観察
3月
  ★ 四阿屋山(埼玉・秩父)
     セツブンソウ、フクジュソウの花を楽しむ。
  ○ 三毳山(栃木)
     カタクリを見に行く。今年は暖冬の影響で花が早い。
  ○田島ヶ原(埼玉)
     サクラソウを楽しむ。
4月
  ★高尾山(東京)
     この日は裏高尾を訪れる。カタクリを楽しむ。
  ★角田山(新潟)
     オオミスミソウ、カタクリ(白花を含む)。瀬波温泉で一泊。
  ★臥牛山(新潟) 
     低山中の低山。コシノバイモ、キバナノアマナの群落。
  ○谷津干潟(東京)
     ダイシャクシギ、セイタカシギなどのシギの仲間。  
  ★坪山(山梨) 
     ヒカゲツツジで最近人気の山。イワウチワも美しい。
  ○三毳山(栃木) 
     イチリンソウの群落。
  ○県民の森~塩原遊歩道(栃木)
     アカヤシオ、オオルリ。大和屋旅館に宿泊。
5月
  ○裏磐梯(福島)
     オオルリ、キビタキ、ミソサザイ。民宿と猫魔ホテルに宿泊。
  ★高尾山(東京)
     今年2回目の登山。
  ○戸隠森林公園(長野)
     マミジロとの初めての出会い。民宿に宿泊。
  ○八方ヶ原(学校平)~沼原湿原(栃木)
     カツラの花が木を赤く輝かせている。
  ★三毳山(栃木)
     頂上まで登る。トンボの数・種類が増えてきた。
6月
  ○奥胎内~福島潟(新潟) 
     アカショウビン初見、オオルリ、キビタキ、コヨシキリ。
           奥胎内ヒュッテに宿泊。
  ★本沢温泉~八ヶ岳【硫黄岳~横岳~赤岳】(山梨)
     ツクモグサ、カモシカ、ホテイラン。
     本沢温泉、赤岳展望荘に宿泊。
  ○入笠山(山梨)
     雨の中の自生のスズラン。雨が激しく登山は断念。
7月
  ★高尾山(東京)
     ミヤマクワガタ、ルリボシカミキリ。暑かった。
  ○小川町オオムラサキの里(埼玉)
     オオムラサキ、ウスバカゲロウの写真撮影に成功。
8月
  ★水の塔山・東篭の塔山・池ノ平湿原(長野)
     高峰温泉で湯につかる。池ノ平湿原で、コマクサ。
  ○四万十川周辺(高知)
     トンボ公園でトンボ多数。
     ホウェールウォッチングでイルカの大群。四万十で2泊。
  ★大菩薩峠(山梨)
     雷に追いかけられて下山。大菩薩の湯に。
  ○葦毛湿原(愛知)
     希少植物多数観察。
  ★雲取山(埼玉~東京)
     雲取山山荘に宿泊。シラヒゲソウ、ミヤマモジズリ。
9月
  ○塩原渓谷遊歩道(栃木)
     タマゴタケ他のキノコ多数。大和屋旅館に宿泊。
10月
  ○栃木のある場所
     タガメを見に行く。生まれて初めてタガメを見た。
  ○湯野上温泉(福島) 
     カンタンの撮影に成功。しかし誤って消してしまう。
  ○吾妻渓谷(群馬)
     今年は紅葉が遅いため、一週間早かった。
11月
  ★一切経山~東吾妻~東小富士(福島)
     浄土平の紅葉は既に終わっていた。登山後、高湯温泉に。
  ★妙義山(群馬)
     紅葉の真っ盛りだった。下山後、妙義温泉に。
12月
  ○石見銀山~鳥取砂丘(島根~鳥取)
     雪の大山が美しい。玉造温泉に宿泊。

 こうやって書き出してみると、ずいぶんたくさんの場所に出かけたものだと思う。こんなに遊んでばかりいては、昨日ブログに書いたような勉強なんて、本当にできたのだろうかと訝る人もいるだろう。しかし、私の勉強がもっとも捗るのは、旅行に出かけたときなのである。仕事(授業)のアイディアも旅行中に浮かぶことが多い。私には遊びと勉強の明確な境界線がない。遊びは勉強であり、勉強は遊びである。英語の猛勉強は旅行先でも行われていた。せっかくの旅行くらいという人もいるが、これだけ旅行に出かけていれば、せっかくというまくらは必要ない。

 自然を楽しみ、写真を楽しみ、山登りを楽しみ、温泉を楽しみ、料理を楽しむ、読書を楽しみ、英語の学びを楽しむ、時として脚本を作り、授業のアイディアを紡ぎ出す。私にとっての旅はそんな楽しみに満ちている。

◆幻の森通信・目次 →ここをクリック

◆ホームページ→幻の森

« 回顧2007 人生で一番英語を学んだ一年 | トップページ | 『春一番』に寄せられた感想 その2 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143900/17835410

この記事へのトラックバック一覧です: 回顧2007 旅:

« 回顧2007 人生で一番英語を学んだ一年 | トップページ | 『春一番』に寄せられた感想 その2 »

最近の写真