フォト

最近のトラックバック

« 青空 | トップページ | 『春一番』~友情物語を拒む中で生まれた友情物語~ »

2008年1月 1日 (火)

春一番

 『春一番』という新作を書き出して一ヶ月。先日、ようやくとりあえずの完成となった。『春一番』はこの5年間書き続けている七つ森中学校を舞台にした戯曲に連なる作品である。七つ森シリーズはバルザックが取り組んだ「人間喜劇」のような方向性を持ちたいと考えて作成している。

 物語の舞台は七つ森中学校の放送室。受験直前の2月になっても部活を引退せずに放送を続けている放送部員たち(全員が中学3年生)の日常が描かれる(放送部は現部員の卒業とともに廃部となることが決まっている)。どこにでもありそうな日常、しかし、その日常とは一人一人にとってはドラマの連続としての日常であり、明日はどうなるのかわからない、予定調和ではない日常である。そんな日常がをさりげなく克つ劇的に描く(人によっては「どこが劇的なんだ」と怒る人もいるかもしれない)。そんな挑戦をしてみた。

 世の中には昔はよかった的なドラマが多い。私はそんなドラマが大嫌いである。例外はあるが…。映画『ALWAYS 三丁目の夕日』には、抵抗むなしく心を動かされたてしまった(この手のドラマは嫌いなはずなのに…、嫌いになる一歩手前のところでこの映画は踏みとどまった。そしてラストはぐいぐい引き込まれてしまった。予想通りのラストなのに…)。しかし、私は「昔はよかった」的な話は絶対書かない。私が表現し続けてきたのはどの時代にも共通して存在する世界の断片である。それはどの時代にも共通する喜びであり、どの時代にも共通する悲しみである。今回は過去と現代を同一空間で描く(過去と現代を行き来するような作品ではない)。どのように描くかを書いてしまうとネタバレになるので、気になる方は作品をみにきてほしい。上演は1月13日(日)・久喜市はなみずき会館。2月10日(日)久喜総合文化会館小ホールの2回。関東大会に進めれば3回目の上演ができる。

◆幻の森通信・目次 →ここをクリック

◆ホームページ→幻の森

« 青空 | トップページ | 『春一番』~友情物語を拒む中で生まれた友情物語~ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143900/17548787

この記事へのトラックバック一覧です: 春一番:

« 青空 | トップページ | 『春一番』~友情物語を拒む中で生まれた友情物語~ »

最近の写真