フォト

最近のトラックバック

« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年11月に作成された記事

2005年11月23日 (水)

『LOVE』 ナット・キング・コールの歌と創作

昨日と今日の2日間で『LOVE(歌・ナット・キング・コール)を100回以上聴いたと思う。昨日は片道2時間の交通不便な場所への出張だったので、その往復の4時間、ずっと車の中でこの曲を聴き続けた。そして、今日はこの曲を聴きながら新しい脚本に取り組んだ。私の創造力は以前から音楽と密接な繋がりを持ち、その創造力は音楽によって何倍・何十倍も高められる。
 缶コーヒー・BOSSのコマーシャルや『スイング・ガールズ』のエンディング・テーマで使われたことで再び脚光を浴びているこの曲は、来月、我が演劇部が上演する劇で重要な役割を果たすことになるだろう。
 次の劇にこの曲を使おうと決めたのは、我が校の文化祭で吹奏楽部がこの曲を演奏したとき。曲を聞きながら、頭の片隅で物語が動き出すのを感じた。次の作品のライトモチーフは戦争であるから、『LOVE』のような明るく愛を歌った歌は本来なら全く劇と相容れることなどないはずなのだが、私の頭の中では仲良く手をつないでいる。
その手のつなぎ方はスタンリー・キューブリックや黒澤明が愛用したコントラプンクト(対位法…キューブリックの『博士の異常な愛情』でのラストの水爆投下という状況で流れる「また会いましょう」、黒澤明の『野良犬』の刑事と犯人の対決シーンで流れるのどかなピアノの響きなど)のようなシーンと正反対のイメージを持った曲を使うことによってシーンを浮かび上がらせる手法とは少し違ったものになるだろう。私が今描いている物語は現代を舞台にしているので戦闘場面で『LOVE』が流れるなどということはない。

劇の中で『LOVE』は最低2回使われる。劇のタイトルは『LOVE』となるだろう。そして、それはそのタイトルトルからはあまり連想されないであろう戦争の話であり、現代の中学3年生の話であり、現代の老人の話でもある(ただし役者が老人を演じたりはしない)。そして、それは戦後60周年となる平成17年の暴風雨洪水警報が出されたある日の私立女子中学校の文化祭前日を描いた話である。脚本完成に向けてラストスパートに入った。

◆幻の森通信・目次 →ここをクリック

◆ホームページ→幻の森

2005年11月20日 (日)

アオサギ

pict0221

新しい劇の創作に苦しんでいる。
苦しんだときには散歩に出かける。
サギの仲間では日本で一番大きなアオサギに出会った。
頭が活性化され、おぼろげながら道らしきものを見つけることができた。

◆幻の森通信・目次 →ここをクリック

◆ホームページ→幻の森

2005年11月15日 (火)

ガラス細工の蜻蛉

PICT0145-1

昨日、朝の散歩をした
そこで出会ったのが
朝露をまとった蜻蛉
エミール・ガレの世界がそこにあった

◆幻の森通信・目次 →ここをクリック

◆ホームページ→幻の森

2005年11月14日 (月)

ススキ・スキ~箱根・仙石原~

sengokubara2

ススキという花が好きだ。芒と書いても薄と書いても趣がある。山上憶良の詠んだ秋の七草では尾花という名で登場する。その響きも気に入っている。
ススキを詠んだ俳句には心に響く作品が多い。

わが頬にふれてあたたか枯芒           水原秋桜子
わが行けばうしろ閉ぢゆく薄原       正木ゆう子
貌が棲む芒の中の捨て鏡      中村苑子
をりとりてはらりとおもきすゝきかな       飯田蛇笏
眼を貫くはしろがねのすすきの穂    富澤赤黄男
けふの日の終る影曳き糸すすき       野見山朱鳥
影の夜が見え白芒白芒       鷲谷七菜子
秋風のたてがみ見ゆる白芒              齋藤慎爾

今書いている脚本はススキの花のような美しさを持った作品にしたい。
◆写真 箱根・仙石原

◆幻の森通信・目次 →ここをクリック

◆ホームページ→幻の森

2005年11月13日 (日)

『太平洋戦争下の学校生活』(岡野薫子 著)読了

 次回作の脚本の資料として『太平洋戦争下の学校生活』(岡野薫子著 平凡社ライブラリー)を読んだ。533ページという浩瀚な本であった。作者・岡野薫子は児童文学『銀色ラッコのなみだ』の作者であることをプロフィールで知った。この児童文学は小学生の時学校の図書室で借りて読んだはずだ。内容ははっきりと覚えていない。  

 彼女が語る戦時下の学校生活は今まで読んだたくさんの戦争の資料では触れたことのない魅力にあふれていた。その魅力の一つは彼女が虫めずる姫君であることと、彼女がその虫めずる姿勢を戦時下においても持ち続けていたという事実である。  

 この作者、昭和18年、高等女学校3年生(現在の中学3年生)の春に先生から『不思議な虫の世界』(現在の『ファーブル昆虫記』)をプレゼントされ、その秋には戦争が激しくなる中、虫の観察日記を書いている。そして、将来は昆虫学を学びファーブルのような人になりたいという夢を持っていたそうだ。  

 そのような自由な思想を持っていた人ならきっと反戦思想を胸に秘めていたことだろう、と思いきや、当時の彼女はこちこちの軍国少女だったのだという。彼女が一番惹かれた教師は「終身」と「教練」を受け持つ学校きっての国粋主義者であったことも正直に語られている。ファーブルにあこがれるこちこちの軍国少女。実に面白い。  

 今回私が描くのは戦争時の人々ではなく、戦争時の人々のことを調べる中学生の少女たちである。『太平洋戦時下の学校生活』を読みながら、作品が一気に形になってきた。

◆幻の森通信・目次 →ここをクリック

◆ホームページ→幻の森

紅葉を捕まえた

PICT0104-2 獲物が少なくなった晩秋
蜘蛛の巣が
紅葉を捕らえた
空中に静止する紅葉
魔法のようだ

PICT0106-1 2005.11.12(土)
群馬県高崎市・少林山達磨寺

◆幻の森通信・目次 →ここをクリック

◆ホームページ→幻の森

2005年11月 7日 (月)

ハウチワカエデ 天狗の葉団扇 ~塩原~

PICT0070-1 昨日からの雨も朝方に上がり、今日は絶好の紅葉狩り日和。朝5時に家を出て塩原に向かう(昨日勤務校で文化祭が行われたため今日はその振替休日)。回顧遊歩道と渓谷遊歩道を歩く。塩原の紅葉は今が最盛期。
天狗の葉団扇をしているハウチワカエデの赤が見事だった。

PICT0074-1

アップダウンの多い遊歩道歩きで汗をたっぷり流し、その後温泉に入る。
いい一日だった。

※写真はハウチワカエデ

◆幻の森通信・目次 →ここをクリック

◆ホームページ→幻の森

2005年11月 3日 (木)

足下の紅葉

PICT0026-1 トラックバック野郎の今週のお題は「 紅葉ギャラリー」。さまざまな紅葉の写真を募集している。自分が今まで追求してきたテーマにふさわしいと感じ、ここ何年かに撮影した写真を逍遙し、気に入った写真をピックアップしてみた。

PICT0037-1 私は頭上を眺める紅葉も素晴らしいと感じるが、このような足下の紅葉にも魅力を感じる。その魅力は一つ一つの葉に感じる表情だ。

そんな表情をした葉と語り合うのも秋の野山を歩く楽しみの一つである。

DSCN1171-1

◆撮影場所(上から)

田代山(2004.10.17)

龍王峡(2004.11.7)

塩原・新湯富士(2003.10.8)

◆幻の森通信・目次 →ここをクリック

◆ホームページ→幻の森

« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »

最近の写真