フォト

最近のトラックバック

« 『西の魔女が死んだ』 キュウリグサ~さりげない自然への愛~ | トップページ | 紅葉と雪の那須 »

2005年10月17日 (月)

『西の魔女が死んだ』 銀龍草(ギンリョウソウ)

PICT0051 昨日紹介した『西の魔女が死んだ』(梨木香歩 作)にはキュウリグサと共にもう一つ印象深い植物が登場する。主人公が林の中にある穴の中に落ちたとき、その植物が穴の中一面に咲いているのだ。その植物は物語の中で次のように表現されている。

◆穴の脇は更に深い洞のようになっていて、その一面に美しい銀色の花が咲いていたのだ。暗い林の奥の、そのまた暗い、ほとんど陽も届かないはずの場所に。その植物は二十センチくらいの、葉を持たない銀白色の鱗をつけた茎の先に、やはり銀細工のような小さな蘭に似た花をつけていた。それが何十本となく、まるで茸かつくしのように地面から生えているのを見るのは不思議な光景だった。

山の植物を少し知った人なら、この描写でこの花が銀龍草(ギンリョウソウ)だとわかるだろう。この小説の他の植物は片仮名で表現されているのに、このギンリョウソウは銀龍草にギンリョウソウというルビが振ってある。確かに漢字で表現したくなる素敵な名前の植物である。私の幻の森にふさわしい幻のような花だ。

※写真 銀龍草(2004年6月 駒止湿原にて撮影)
この花について以前に書いた日記

◆幻の森通信・目次 →ここをクリック

◆ホームページ→幻の森

« 『西の魔女が死んだ』 キュウリグサ~さりげない自然への愛~ | トップページ | 紅葉と雪の那須 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143900/6445823

この記事へのトラックバック一覧です: 『西の魔女が死んだ』 銀龍草(ギンリョウソウ):

« 『西の魔女が死んだ』 キュウリグサ~さりげない自然への愛~ | トップページ | 紅葉と雪の那須 »

最近の写真